平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題14解説

問1 方言のアクセント・音声

 1 
 2 近畿地方では、母音の無声化がほとんど見られません。
 3 アクセント核の有無や位置で単語を区別します。
 4 

 したがって答えは2です。

 

問2 方言形の語彙数

 津軽弁で考察します。

 1 「肩(かた)」は「かだ」などと濁音になるくらいで、特有の語彙はありません。
 2 「しんけたがれ(神経質)」や「からきじ(わがまま)」などがあります。
 3 「あやこ(お手玉)」や「びだ(めんこ)」などがあります。
 4 「もっけ(蛙)」や「ちゃぺ(猫)」など生物を表す語彙は多いです。

 したがって答えは1です。

 

問3 周圏分布

 答えは1です。

 

問4 混交

 混淆(混交)と言えばネオ方言です。
 ネオ方言とは、標準語と方言の混淆形式として生まれた中間的な言い方のことです。方言の「けーへん」、標準語の「こない」が混淆して「こーへん」となるのが代表的な例です。

 したがって答えは4です。

 

問5 方言教材の開発で考慮しなくてもよいもの

 答えは2です。