平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題13解説

問1 言及用法

 聞き手を指す対称詞(二人称)から、相手を呼ぶ言葉には相手の注意を引くための「呼びかけ語」と、文章内で相手に言及する「言及語」がある。日本語では助詞が省略でき、また語順も入れ替えることができることから、両者を厳密に区別することが難しい場合も多いです。

 1 呼びかけ語
 2 呼びかけ語
 3 呼びかけ語
 4 言及語

 したがって答えは4です。

 参考:『二人称代名詞「あなた」に関する調査報告』

 

問2 三人称の使い方

 1 会話の中で不特定の人物に言及する場合は「その人」「あの人」などを使います。
 2 「看護師さん」と呼ぶときに使えます。
 3 社外の人に対して自分の上司に言及する場合は、地位名称をつけずに直接苗字で呼びます。
 4 自分の外の人の配偶者に言及する場合は、「奥さん」「旦那さん」などを用います。

 したがって答えは1です。

 

問3 親族名称

 親族名称とは、「母」「父」「兄」「妹」などの親族や親族関係者を指示する名称のことす。
 親族呼称とは、「お母さん」「お父さん」「おじいちゃん」などの呼びかけの際に用いられる、親族や親族関係者を指示するもののことです。

 1 妻が夫に「お父さん」と呼びかけるのは一般的です。
 2 祖母が母に対して「お母さん」と自称することはできますが、母が祖母に対して「お母さん」と自称することはできません。この場合「私」や名前で自称します。
 3 「◯◯ちゃんのお母さん」など、親族以外の人物に呼びかける場合にも親族語は使えます。
 4 「◯◯の母は私です。」など、親族以外の人物に対して自称する場合にも親族語は使えます。

 したがって答えは2です。

 

問4 「あなた」の使い方

 1 部下が上司に「あなた」と言うと失礼です。「姓+さん」や地位名称を使うべきです。
 2 娘が母に「あなた」と言うのは変です。一般的に「お母さん」などと言います。
 3 店員が客に「あなた」と言うと失礼です。「お客様」などが適切です。
 4 面接官が受験生に「あなた」と言うのは正しいです。

 したがって答えは4です。

 

問5 一人称しか主語にならない文

 したがって答えは3です。

 





平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説