平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題9解説

平成27年度, 日本語教育能力検定試験

 ベリーが提唱した「文化受容態度」とは、異なった文化を持つ人が別の文化に入った場合、入った人と受け入れる側がどのように対応するかによって社会が変容するという理論です。入った人を取り巻く社会の在り方を、統合、離脱、同化、周辺化(境界化)の4つに分類しました。

 

問1 日本語や教科の指導

 生活言語能力(BICS)とは、生活場面で必要とされる言語能力のことです。コンテクストの支えがあるので認知的な負担が少なく、2年ほどで習得可能とされています。
 学習言語能力(CALP)とは、教科学習などで用いられる抽象的な思考や高度な思考技能のことです。学習の場面では低コンテクストの状態になるため、認知的な負担が大きくなります。習得には5~7年必要だとされています。

 1 生活言語能力は日常生活で自然に身に付きますが、教員による支援も必要です。
 2 学習言語能力は日常生活で身に付きにくいので、計画的な支援が必要になります。
 3 入り込み指導とは、在籍学級での授業中に日本語指導教員が入って、対象の児童生徒を支援する指導のことです。
 4 取り出し指導とは、在籍学級以外の教室で個別に行う指導のことです。

 したがって答えは2です。

 参考:第3章;日本語指導担当教員の役割

 

問2 連携

 1 特定の児童生徒への日本語指導が必要かどうかは、文部科学省が判断することではありません。
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは1です。

 

問3 アイデンティティの形成や維持・喪失

 1 アイデンティティの確率は青年期(20歳まで)とする説があるようです。
 2 日本人と同様のアイデンティティを形成させる必要はありません。
 3 積極的に使うのではなく、母語で補助しながら指導を進めていくのが好ましいです。
 4 その通りです。

 したがって答えは4です。

 

問4 文化受容態度「同化」

 1 感情面の「同化」は、行動面の「同化」よりも時間がかかります。
 2 外見を近づけることは「同化」ではありません。周囲の人との関係が良くなければ「同化」とは言えません。
 3 憧れがあったとしても、異文化の人と良い関係が築けるかどうかはまた別問題です。
 4 異文化に適応しやすい人は、帰国した後も適応しやすいです。

 したがって答えは4です。

 

問5 文化受容態度「統合」

 1 悪い点も内在化されます。
 2 異なる2つの文化を保持していると、新しい文化を創造することが可能です。
 3 「統合」では自国と他国の文化を同時に保持しているので、母国の人に対しては母国の文化で接することができます。
 4 文化受容態度で示された4つの分類は、それぞれ同時に共存することはありません。

 したがって答えは3です。