平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題2解説

問1 「なければならない」と「べき」

 1 「なければいけない」も「べき」も、規則や常識などに基づいて必要であることを表します。
 2 「なければいけない」は意志動詞にも無意志動詞にも接続できますが、「べき」は意志動詞にしか接続できません。
 3 正しいです。
 4 「なければならない」は否定形がなく、「べき」は否定形「べきだった」があります。

 したがって答えは3です。

 参考:【N3文法】~なければならない/なくてはならない/ないといけない/ねばならぬ
 参考:【N3文法】~べき/べきだ/べきではない

 

問2 東京に来たら私の家に来たほうがいいです

 1 正しいです。
 2 「ほうがいい」が表す対象の動作には、話し手の肯定的な評価が含まれます。
 3 目上から目下、目下から目上、どちらも使うことができます。
 4 「東京に来たら、◯◯に遊びに行ったほうが良い」と、条件文でも使用できます。

 したがって答えは1です。

 参考:【N3文法】~ほうがいい

 

問3 過去形のときの意味

 「べき」「ほうがいい」の過去形は「べきだった」「ほうがよかった」です。過去形ではいずれも、話し手の物事が発生しなかったことに対する後悔を表せます。

 したがって答えは2です。

 参考:【N3文法】~べきだった/べきではなかった
 参考:【N3文法】~ほうがよかった

 

問4 モダリティ形式

 モダリティとは、その文の命題に対する話し手の主観的な認識や判断を表す部分を指し、ムードとも呼ばれます。

 1 勧め
 2 必要
 3 必要
 4 意志

 したがって答えは4です。

 

問5 「なければならない」と「なければいけない」

 1 「なければならないです」「なければいけないです」と、どちらも丁寧体にできます。
 2 「なきゃならない」より「なきゃいけない」のほうがよく使われます。
 3 正しいです。
 4 「なければならない」は書き言葉的で、「なければいけない」は話し言葉的です。

 したがって答えは3です。