平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題13解説

問1 ノイズ

 送り手が何らかの情報を伝えるための媒体となる口頭、電話、SNS、手紙などの手段をチャンネルと呼びます。それらチャンネルの障害となり、聞き手に情報が正しく伝わらなくなる原因のことをノイズと呼びます。ノイズは伝えられる情報の一部に作用するものを指します。

 1 言葉は正しく伝わっているのでノイズによる影響はありません。
 2 ノイズは全体に影響を及ぼしません。
 3 一部に影響を与えているのでノイズによるものです。
 4 言葉は正しく伝わっているのでノイズによる影響はありません。

 したがって答えは3です。

 

問2 皮肉

 皮肉とは、事実とは反対のことを述べることで遠まわしに相手を非難する表現のことです。
 したがって答えは4です。

 

問3 パラ言語に起因する行き違い

 パラ言語/周辺言語とは、ノンバーバル・コミュニケーションのうち、言葉に付属して相手に伝えられるイントネーション、リズム、ポーズ、声質(声の大きさ、高さ、速さ、声色)、言いよどみ、フィラーなどのこと。それを研究する分野をパラ言語学(周辺言語学)と呼ぶ。

 選択肢4の文末イントネーションはパラ言語に含まれます。これが誤りであることによって意味が変わり、行き違いが起きています。

 したがって答えは4です。

 

問4 メタ言語行動表現

 選択肢1
 修辞的表現とは、文章に豊かな表現を与えるための表現のことです。比喩などがこれにあたります。

 選択肢2
 行為指示表現とは、命令・依頼・勧めなど聞き手に対して何らかの行為の実行を求める表現のことです。

 選択肢3
 交感的言語表現とは、話し手と聞き手の関係を深めるために用いる、「天気が良いですね」「こんにちは」などの実際には伝達機能を持たない表現のことです。

 選択肢4
 メタ言語行動表現とは、言語そのものについて説明するための言語表現のことです。「これは余談ですが」の表現で、後に続く言葉について注釈を添えています。

 
 したがって答えは4です。

 

問5 行き違いを防ぐ意味交渉

 インターアクション仮説とは、ロング (Long)が提唱した第二言語習得に関する仮説。他者との言語を使ったやり取り(インターアクション)をお互いに行い意味交渉することで言語習得が促進されるとする。ここでいう意味交渉は、明確化要求、確認チェック、理解チェックの3種類に分けられる。

明確化要求 相手の発話が曖昧で理解できないときに、発言を明確にするよう要求すること。
確認チェック 相手の発話を自分が正しく理解しているかどうか確認すること。
理解チェック 自分の発話を相手が正しく理解しているかどうか確認すること。

 
 1 確認チェック
 2 理解チェック
 3 謝ることで行き違いを防ぐことはできません。
 4 明確化要求

 したがって答えは3です。

 





平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説