平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題12解説

問1 バイリンガル(二言語話者)

 バイリンガルとは、2つの言語を使用する人のこと。バイリンガルはその習熟度や習得時期、文化習得状況、四技能の熟達度によって様々な種類に分けられる。

分類 名称 説明
言語の習熟度 均衡バイリンガル 2つの言語を母語話者レベルで扱えるタイプ。
偏重バイリンガル 片方の言語のみ母語話者レベルで扱えるタイプ。
限定的バイリンガル
ダブル・リミテッド
セミリンガル
どちらの言語も十分に扱えないタイプ。
言語習得の時期 達成型バイリンガル 子ども時代を過ぎてから第二言語を使用するタイプ。
獲得型バイリンガル 幼児期から第二言語を使用するタイプ。幼児期から二言語に触れることで同時に獲得したタイプを同時バイリンガル、1つ目の言語を習得してから2つ目の言語を習得したタイプを連続バイリンガルと呼ぶ。
文化習得状況 付加的バイリンガル 第二言語習得によって更なる価値観が得られるタイプ。
削減的バイリンガル 第二言語習得によって母語を失ったり、母文化に対するプライドを失ったりするタイプ。
四技能の熟達度 聴解型バイリンガル 一方の言語は「聞く」「話す」「読む」「書く」の四技能全てできるが、もう一方の言語は「聞く」だけできるタイプのこと。
会話型バイリンガル 一方の言語は「聞く」「話す」「読む」「書く」の四技能全てできるが、もう一方の言語は「聞く」と「話す」ができるタイプのこと。
読み書き型バイリンガル
バイリテラル
二言語で「聞く」「話す」「読む」「書く」の四技能ができるタイプのこと。

 1 二言語を同程度まで習得していないのは偏重バイリンガルで、これもバイリンガルと呼ぶことができます。
 2 達成型や獲得型などがあるように、同時期でなくてもバイリンガルになることはできます。
 3 バイリンガルであればバイカルチュラルであるわけではありません。育ってきた環境によります。
 4 使用しなければ衰えます。

 したがって答えは1です。

 

問2 造語法

 エンストは、英語のエンジンストール(engine stall)、和製英語エンジンストップを由来とする頭字語型の略語です。

 1 リストラは、リストラクチャリング(restructuring)を由来とする後省略型の略語です。
 2 ロケバスは、和製英語ロケーションバスを由来とする中省略型の略語です。
 3 パトカーは、パトロールカー(patrol car)を由来とする中省略型の略語です。
 4 デジカメは、デジタルカメラを由来とする頭字語型の略語です。

 したがって答えは4です。

 

問3 会話的コード・スイッチング

 コード・スイッチング (code switching)とは、相手や場面、話題に応じて言語そのもの、あるいは同一言語内の言語変種を使い分けること。標準語も方言を言語変種のため、これらを使い分けることもコードスイッチングの一種となる。これらは会話的コードスイッチング、状況的コードスイッチング、隠喩的コードスイッチングの3つに分けられる。

 会話的コード・スイッチングとは、会話の流れを維持しながら行われるコードスイッチングの一種で、情報を補足したり、相手の発話を引用したり繰り返したりするなどに用いるコードスイッチングのこと。

 状況的コード・スイッチングとは、状況や場面に応じて行われるコードスイッチングの一種。外的要因によってスイッチするものを指す。

 隠喩的コード・スイッチングとは、話し手との親密さや連帯感を強めるために行われるコードスイッチングの一種で、発言に何らかの特別なニュアンスを付与するために起こるもの。内的要因によってスイッチするものを指す。

 
 選択肢1
 意識的転移の説明。意識的転移とは、自分の言語能力が不足しているときのコミュニケーションを達成するために学習者が用いるコミュニケーション・ストラテジーのうち、母語や他の言語に依存して説明すること。

 選択肢2
 隠喩的コード・スイッチングの説明。

 選択肢3
 会話的コードスイッチングの説明。

 選択肢4
 顕在的権威と関連のある説明です。
 顕在的権威とは、社会的地位が高く見られている標準的な言語形式(H変種)を無意識に好む傾向のこと。トラッドギル(P.Trudgill)により提唱された概念。一般に、年齢が高くなるにつれ若者言葉やスラングなどの使用が減り、社会的地位が高く見られている言語変種を用いる傾向がある。

 したがって答えは3です。

 

問4 隠喩的コード・スイッチング

 1 アコモデーション理論のフォリナートークです。
 2 隠喩的コードスイッチングです。兄弟間での連帯感を強め、親を疎外する心理的作用が働いています。
 3 状況的コードスイッチングです。
 4 状況的コードスイッチングです。

 したがって答えは2です。

 

問5 教育現場におけるコード・スイッチング

 選択肢1
 帰納的指導とは、学習者に文法や文型の使用例を示し、学習者自らが例の中から規則を見つけ出させる指導法です。媒介語や日本語を使った詳細な説明は行われません。

 選択肢2
 初級の学習者は日本語を聞き取れないことがありますので、活動の前に理解させるために媒介語を使用するときがあります。

 選択肢3
 その通りです。

 選択肢4
 その通りです。

 
 したがって答えは1です。

 





平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説