平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題10解説

問1 ミステイクとエラー

 ミステイク (mistake)とは、ついつい間違ってしまったというタイプの誤用のこと。本人もその間違いにすぐ気づいて訂正することができる。

 エラー/誤り (error)とは、言語能力が不足していることによって起きる誤用のこと。誤りの程度によってグローバル・エラーとローカル・エラーの2つに分けられ、その原因によって言語間エラー、言語内エラー、プラグマティック・トランスファーの3つに分けられる。

 1 ミステイクは母語の干渉ではなくうっかりで、エラーは発達上避けられないものです。
 2 文や発話全体の意味に影響するのはグローバルエラーで、影響しないものはローカルエラーです。
 3 ミステイクは母語話者も学習者も犯しますが、エラーは学習者しかおかしません。
 4 正しいです。

 したがって答えは4です。

 

問2 過剰般化

 過剰般化とは、文法的な規則を他のところにも過剰に適用することによって起きる言語内エラーの一種。例えば「安くはありません」を「安いではありません」と言うのは、ナ形容詞の規則をイ形容詞に適当したために生じていると考えられる。

 過剰般化の例では、よくイ形容詞とナ形容詞の接続を混同するケースが挙げられます。

 選択肢3は、ナ形容詞の否定形「~じゃありません」をイ形容詞の「面白い」に適用することによって起きたエラー(過剰般化)です。

 したがって答えは3です。

 

問3 筆記で空所を補充するような文完成課題

(1) _______から、行くのをやめました。

 筆記で空所を補充して文を完成させる問題形式は完成法です。

 1 ランダムで選ぶと正答率が50%になるのは〇✕などの真偽法です。
 2 正しいです。
 3 学習者によって答えが異なりますので、採点は容易ではありません。
 4 完成法の問題形式では、解答は一つに絞れません。

 したがって答えは2です。

 

問4 「電気がついてです」

 「つく(ついて)」は自動詞ですので、自動詞は正しく使えていることが分かります。
 この場合の「ている」は結果の状態を表していますが、それが使えていません。

 結果の状態 : 電気がついている。/窓が開いている。
 動作の進行 : ご飯を食べている。/猫が走っている。

 したがって答えは2です。

 

問5 中間言語分析

 中間言語 (interlanguage)とは、第二言語学習過程における発展途上にある言語体系のこと。母語の影響を受けながらも、徐々に目標言語に近づいていくものとされる。セリンカー (Selinker)が提唱した概念。

 誤用分析は誤用に着目するものですが、中間言語分析では学習者が用いる正用と誤用を分析します。

 したがって答えは3です。

 







平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説