平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題9解説

問1 異文化トレーニング

 1 正しいです。
 2 認知レベルのトレーニングでは講義形式の学習を行います。
 3 異文化トレーニングは滞在中にも行われます。
 4 異文化経験がある人でも、適応できていない場合はトレーニングの対象となります。

 したがって答えは1です。

 

問2 自文化中心主義

 自文化中心主義とは、自文化が最も優れているという考え方で、自文化を絶対的基準として他文化を推し量ろうとする立場のことです。

 したがって答えは1です。

 

問3 異文化シミュレーションゲーム

 エコトノスとは、異なる3つのグループにそれぞれの習慣や価値観を与えた後、グループ同士で話し合って異文化を体験するゲームです。

 アルバトロスとは、架空の国アルバトロスを舞台にしたロールプレイです。アルバトロスでは女尊男卑の考え方が根付いており、そのような文化体験を行った後に参加者でディスカッションして気付いたことを話し合います。

 バーンガとは、トランプを使った異文化トレーニングです。異なるルールのトランプゲームがあるテーブルを回ってお互い話さずに遊びます。これを通して異文化を体験します。

 バファバファとは、異なる2つのグループにそれぞれの習慣や価値観を与えた後、お互いのグループを訪れることで異文化を体験するゲームです。

 したがって答えは4です。

 

問4 ファシリテーター

 ファシリテーターとは、その場を活性化させるために参加者の気付きを促したりする役割を持つ人のことです。

 1 結論を導くのは参加者に任せますが、意見の対立解消のために適切な質問をしたりします。
 2 正しいです。
 3 参加者同士の関係性や感情などのケアもします。
 4 参加者の発言に対して質問などを行い、その場を活性化させます。

 したがって答えは2です。

 

問5 エポケー

 1 エンパシーとは、人の気持ちを思いやることです。
 2 ラポールとは、2人の人の間にある相互信頼の関係のことです。
 3 エポケーとは、判断を留保することです。
 4 ジェスチャーのうち、言葉の代わりになる動作のことです。試合中のハンドサインなど。

 異文化に接触して何らかの問題が発生したとき、それをすぐに解決できなければ判断を保留する(エポケー)などの措置を取るのも一つの方法になります。

 したがって答えは2です。