平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題6解説

問1 ブレーンストーミング

 ブレーン・ストーミング (brainstorming)とは、参加者の意見を批判したりせずに自由にアイディアを出し合い、その中で新しくより良いアイディアを生み出していく会議手法の一つ。ブレストと略されることもある。

 1 ブレーン・ストーミングでは意見を吟味することなく自由にアイディアを出し合います。
 2 多くの人に自由に発言してもらうことがブレーン・ストーミングの考え方です。
 3 参加者によって出されたアイディアはいかなるものでもメモします。
 4 ブレーン・ストーミングでは、出されたアイディアに対して批判的な意見は述べません。

 したがって答えは2です。

 

問2 インタビューシート

 インタビューシートには相手に聞くべき質問、そしてその質問に対する答えを書くために用います。

 1 正しいです。
 2 答えやすい質問を選んでもらうためにインタビューシートを使うわけではありません。
 3 このような使い方もできますので正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは2です。

 

問3 アドバイスする内容

 選択肢1
 誤りです。

 選択肢2
 学習者Pの相づち「そうか」が正しくありません。相手は初対面の日本人大学生ですので、このような場合は「そうですか」など丁寧体を用いるべきです。相づちも相手によってスピーチスタイルが変わります。

 選択肢3
 学習者Qが言った「源氏物語」が分からず、学習者Pはそれについて何かと聞いています。このような時は「源氏物語というのは何ですか?」と聞くべきです。「~というのは」は相手の発話から引用するときに用います。

 選択肢4
 学習者Qが行った「日本文学史」に対して、「これ」と言っています。相手の発話を指す文脈指示では、「それ」を使うべきだと指導すべきです。

 
 したがって答えは1です。

 

問4 評価のコメントを述べさせる

 他のグループの発表について、良かった点や改善すべき点を挙げる活動です。

 1 悪い点は直接言うほうがいいです。
 2 気が付いたことを全て伝えるのではなく、良い点、改善すべき点を伝える活動です。
 3 正しいです。
 4 不足の点だけではなく、良い点も伝えます。

 したがって答えは3です。

 

問5 インタビューを行う狙い

 1 インタビュー活動は、正確に書く力を身に付けるために行うものではありません。
 2 インタビューを通してコミュニケーション能力を身に付けられます。
 3 インタビューで日本人と触れ合うことで、生の情報を引き出せます。
 4 インタビューした内容をまとめる力、それを伝える力を身に付けることができます。

 したがって答えは1です。