平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題1解説

問1 ヴォイス

 ヴォイス/態 (voice)とは、述語の後ろに形態素を付加することによって動詞の形を変える文法カテゴリーの一つで、受身、自発、可能、使役などに関わる意味関係や文法関係の対応を示す概念のこと。動詞の表す行為を行為者側から見るか、行為の対象側から見るかで区別される。その際、動詞の形態が変わるのに合わせて格関係も変わる。

 各選択肢の動詞の形態を辞書形に戻してみることで格関係が変わるかどうかを見ます。

選択肢 辞書形
彼は背中に大きなリュックを背負っている。 彼は背中に大きなリュックを背負う。
太郎には遠くの雷の音が聞こえた。 太郎は遠くの雷を聞く。
上司が部下に企画書を作らせる。 部下は企画書を作る。
机の上に荷物が置いてある。 机の上に荷物を置く。

 1 ニ格-ヲ格 ⇒ ニ格-ヲ格
 2 ニ格-ガ格 ⇒ ヲ格
 3 ガ格-ニ格-ヲ格 ⇒ ヲ格
 4 ニ格-ガ格 ⇒ ニ格-ヲ格

 格関係が変わらないのは1だけです。
 したがって答えは1です。

 参考:ヴォイス・アスペクト・テンス・モダリティについて - ヴォイス/態 (voice)

 

問2 ラレル

 「ラレル形」のヴォイスに関する問題です。
 ラレル形は可能、受身、尊敬、自発の4つの用法を持っています。この4つのうち、能動態と比較して格関係が変わらないものを見つけます。

能動態 自発態/可能態/受動態/尊敬態
自発 私はそう思う。 私にはそう思われます。
可能 私は虫を食べる。 私は虫が食べられる。
直接受身 妹はケーキを食べる。 妹にケーキを食べられる。
尊敬 社長はケーキを食べる。 社長はケーキを食べられる。

 自発は、ニ格をとるように変わります。
 可能は、ガ格をとるように変わります。
 受身は、ニ格-ヲ格をとるように変わります。
 尊敬は、能動態も尊敬態もヲ格をとります。

 「ラレル」は尊敬を除いて、その他の意味の時は格関係が変わることが分かりました。
 したがって答えは3です。

 

問3 ら抜き言葉

 ら抜き言葉とは、一段動詞可能形「~られる」の「ら」が省略された言葉のこと。「食べられる」が「食べれる」のようになる。「~られる」には可能形の他に、受身形や尊敬語としての用法があり、これらを差別化するためにら抜き言葉が生じたとされる。通常は日本語の揺れとして規範主義の立場からは誤用とみなされるが、全国的に見ると「ら」を入れるほうが少数派となっている。

 選択肢1
 一段動詞可能形のら抜き言葉「食べれる」のうち、活用語尾「べ」を消失させると「たれる」になります。よってこの選択肢は間違いです。

 選択肢2
 ら抜き言葉には、可能の意味しかありません。

 選択肢3
 ら抜き言葉は大正時代に地方で用いられ、昭和初期には東京でも普及、1950年代以降急速に全国に広まりました。

 選択肢4
 一段動詞において「動ます+られる」は可能、受身、尊敬と3つの意味を持ちます。この形態の重複を避けるためにら抜き言葉が発生して差別化したと考えられています。よって今では、「動ます形+れる」は一段動詞の可能形として用いられるようになってきています。

 
 したがって答えは4です。

 

問4 母語に起因する誤用

 プラグマティック・トランスファー/語用論的転移 (pragmatic transfer)とは、エラーのうち、母語による影響で生じた文法的な誤りのない語用論的誤りのこと。例えば、英語母語話者が友人を夕食に誘う際に、英語の「Would you like to go to dinner?」をそのまま直訳して「夕食行きたいですか?」という表現を用いることなどが挙げられる。特定の場面でどのような語や表現を用いるべきかは、その言語を使用するコミュニティの社会的な習慣として決められ、制約を受けている。

 選択肢2を中国語に訳すと「吃这个中药就能好」となり、直訳すると「この薬と飲むと、すぐ良くなることができます。」になります。文中の「能」が「~できる」という意味を表しているため、ここでは不要な可能形の「~れる」がついています。これは言語間で可能表現が使える範囲が異なることによって生じた誤りで、プラグマティック・トランスファーの例です。実際中国語を母語とする日本語学習者はこのような間違いをします。

 したがって答えは2です。

 

問5 動作対象の性質による可能

 文章によると、可能形は少なくとも3つの用法があるようです。

動作主体の能力による可能 「私は英語が話せます。」などの能力によるもの。
状況による可能 「準備が終わったら迎えに行けるよ。」など、状況によって可能/不可能となるもの。
動作対象の性質による可能 「柔らかいなら簡単に壊せるよ。」など、対象の性質によって可能あるいは不可能となるもの。

 1 60kgまでなら可能、それ以上なら不可能。つまり状況による可能です。
 2 例外なくどの席でも可能。つまり状況による可能です。
 3 本の内容が難しいのか簡単なのかという性質によって可能/不可能が決まる、動作対象の性質による可能です。
 4 バタフライかそうでないかという状況によって決まる、状況による可能です。

 したがって答えは3です。

 







平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説