平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題15解説

問1 特別の教育課程

 「学校教育法施行規則の一部を改正する省令等の施行について(通知):文部科学省」には、選択肢2と全く同じ文言が含まれています。

 したがって答えは2です。

 

問2 BICSとCALP

 生活言語能力(BICS)とは、生活場面で必要とされる言語能力のことです。コンテクストの支えがあるので認知的な負担が少なく、2年ほどで習得可能とされています。
 学習言語能力(CALP)とは、教科学習などで用いられる抽象的な思考や高度な思考技能のことです。学習の場面では低コンテクストの状態になるため、認知的な負担が大きくなります。習得には5~7年必要だとされています。

 したがって答えは4です。

 

問3 CLARINET

このホームページは、国内外におけるインターネット利用環境がめざましい進展を遂げていることから、文部科学省が中心となって、時間的・空間的な制約を克服した海外子女教育・帰国児童生徒教育関係の教育相談や情報提供並びに海外にある日本人学校・補習授業校と国内の学校及び日本人学校・補習授業校同士などの情報交換等が行えるような場を、広く一般にも提供していくことを目的としています。
 - 海外子女教育、帰国・外国人児童生徒教育等に関する総合ホームページ(CLARINET)について:文部科学省より引用

 したがって答えは1です。

 

問4 JSLカリキュラム

 JSLカリキュラム(中学校)における日本語支援の5つの視点

理解支援 日本語や学習内容の理解を促す支援
表現支援 表現内容の構成や日本語での表現を促す支援
記憶支援 語彙や表現の記憶を促す支援
自律支援 自分で学習する力を高める支援
情意支援 学習への動機付けなど、情意的側面での支援

 したがって答えは1です。

 参考:http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2015/10/06/1235804_002.pdf

 

問5 夜間中学校

 日本語指導が必要な生徒に対する特別の教育課程の編成・実施している夜間中学校は13校あります。
 参考:中学校夜間学級等に関する実態調査について

 したがって答えは2です。