平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題13解説

問1 簡略化した言い方

 1 「になる」 ⇒ 「んなる」
   「やりなさい」 ⇒ 「やんなさい」
 2 「ては/では」 ⇒ 「ちゃ/じゃ」
 3 「ていく」 ⇒ 「てく」
   「ておく」 ⇒ 「とく」
 4 「分からない」 ⇒ 「分かんない」
   「そうなのです」 ⇒ 「そうなんです」

 したがって答えは2です。

 

問2 アコモデーション理論

 相手によって話し方が変わることをアコモデーションと言います。相手の言語能力によって話し方を変えるフォリナートーク、赤ちゃんに対する話し方のベビートーク、さらには世代間のギャップを無くそうとわざと若者言葉を使って年下の人々に受け入れられようとすることもアコモデーションの一種です。

 アコモデーション理論にはダイバージェンス(分岐)とコンバージェンス(収束)があります。
 ダイバージェンスは、自分の話し方を相手の話し方からできるだけ離していくことです。関西圏でも共通語を使おうとすることなどがこれにあたります。
 コンバージェンスとは、自分の話し方を相手の話し方にできるだけ近付けていくことです。上司が部下に受け入れられるために若者言葉を使ったりすることなどがこれにあたります。

 
 1 校長先生の小学生に対するアコモデーション
 2 アコモデーション理論のダイバージェンス(分岐)
 3 相手によって話し方が変わっているわけではなく、状況によって変わっています。
 4 アコモデーション理論のコンバージェンス(収束)

 したがって答えは3です。

 

問3 スピーチレベルシフト

 スピーチレベルシフトとは、1つの場面で1人の話者が普通体から丁寧体、あるいは丁寧体から普通体へと切り替えて丁寧さの度合いを変化させることです。

 1 相手や場面、話題に応じて言語を使い分けるコードスイッチングです。
 2 相手によって話し方が変わるアコモデーションです。
 3 相手や場面、話題に応じて言語を使い分けるコードスイッチングです。
 4 スピーチレベルシフトです。

 したがって答えは4です。

 

問4 フォリナートークとティーチャートーク

 ティーチャートークとは、教師が学習者に対してする話し方のことです。学習者のレベルによってその話し方は変わります。
 フォリナートークとは、母語話者が非母語話者に対してする話し方のことです。

 選択肢2の「非文法的な」とは、主にネイティブの間で用いられる非常に砕けた表現のことだと思われます。このような表現は教室で使われることはありませんが、教師ではない日本語母語話者が、非母語話者に使うことがあるかもしれません。

 したがって答えは2です。

 

問5 フォリナートークを減らすよう働きかける方策

 1 話し方を近づけられると、そのままフォリナートークを続けるはずです。
 2 話をずっと聞かれると、学習者が理解しているかが分からないのでもっと簡単な言葉を使うはずです。
 3 学習者が理解していることが分かれば、徐々に難しい言葉へと移行しやすくなります。
 4 英語の発音で言われると、逆にフォリナートークは増えると思います。

 したがって答えは3です。