平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題13解説

問1 簡略化した言い方

 転訛とは、「してしまう」が「しちゃう」、「すごい」が「すげえ」、「めんどくさい」が「めんどくせえ」、「てまえ」が「てめえ」のように、本来の音が簡略化され訛ること。そのように訛った後の形を縮約形、または転訛形と呼ぶ。

 1 「になる」 ⇒ 「んなる」
   「やりなさい」 ⇒ 「やんなさい」
 2 「ては/では」 ⇒ 「ちゃ/じゃ」
 3 「ていく」 ⇒ 「てく」
   「ておく」 ⇒ 「とく」
 4 「分からない」 ⇒ 「分かんない」
   「そうなのです」 ⇒ 「そうなんです」

 したがって答えは2です。

 

問2 アコモデーション理論

 アコモデーション理論 (Accommodation Theory)とは、ジャイルズ (Giles)によって提唱された、相手によって自分の話し方を変える現象を説明するための理論。相手の言語能力によって話し方を変えるフォリナートーク、赤ちゃんに対する話し方のベビートーク、世代間のギャップを無くそうとわざと若者言葉を使って年下の人々に受け入れられようとすることもその一種。その性質からダイバージェンスとコンバージェンスに分けられる。

 言語的分岐/ダイバージェンス (divergence)とは、アコモデーション理論のうち、自分の話し方を相手の話し方からできるだけ離していくこと。関西圏でも共通語を使おうとすることなどがこれにあたる。

 言語的収束/コンバージェンス (convergence)とは、アコモデーション理論のうち、自分の話し方を相手の話し方にできるだけ近付けていくこと。上司が部下に受け入れられるために若者言葉を使ったりすることなどがこれにあたる。
 
 1 校長先生の小学生に対するコンバージェンス
 2 ダイバージェンス
 3 スピーチスタイルシフト
 4 コンバージェンス

 スピーチレベルシフト/スピーチスタイルシフトとは、1つの場面で1人の話者が普通体から丁寧体、あるいは丁寧体から普通体へと切り替えて丁寧さの度合いを変化させること。

 したがって答えは3です。

 

問3 スピーチレベルシフト

 スピーチレベルシフト/スピーチスタイルシフトとは、1つの場面で1人の話者が普通体から丁寧体、あるいは丁寧体から普通体へと切り替えて丁寧さの度合いを変化させること。

 1 相手や場面、話題に応じて言語を使い分けるコードスイッチング
 2 相手によって話し方が変わるアコモデーション
 3 相手や場面、話題に応じて言語を使い分けるコードスイッチング
 4 スピーチレベルシフト

 したがって答えは4です。

 

問4 フォリナートークとティーチャートーク

 ティーチャートークとは、教師が学習者に対してする話し方のことで、学習者のレベルによってその話し方は変わる。

 フォリナートークとは、母語話者が非母語話者に対してする話し方のことで、ゆっくり話したり、繰り返したり、簡単な語彙や文法を扱って分かりやすいように話すのが特徴的。

 選択肢2の「非文法的な」とは、主にネイティブの間で用いられる砕けた表現のことです。このような表現は教室で使われることはありませんが、教師ではない日本語母語話者が、非母語話者に使うことがあるかもしれません。

 したがって答えは2です。

 

問5 フォリナートークを減らすよう働きかける方策

 1 話し方を近づけられると、そのままフォリナートークを続けるはずです。
 2 話をずっと聞かれると、学習者が理解しているかが分からないのでもっと簡単な言葉を使うはずです。
 3 学習者が理解していることが分かれば、徐々に難しい言葉へと移行しやすくなります。
 4 英語の発音で言われると、逆にフォリナートークは増えると思います。

 したがって答えは3です。





平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説