平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題10解説

問1 新旧レトリックアプローチ

 1 新旧レトリックアプローチ (Current-Traditional Rhetoric Approach)
 談話や文体にあるパターン、段落の構造や機能などの文章構造を重視した作文指導法のこと。

 2 ナチュラル・アプローチ (The Natural Approach)
 1980年代に注目された成人のための外国語教授法で、幼児の母語習得過程を参考にした聴解優先の教授法。クラッシェンのモニターモデルの仮説に基づき、学習者が自然に話し出すまでは発話を強制せず、誤りがあっても不安を抱かせないために直接訂正しないなどの特徴がある。発話が行われるまでの間は聴解練習のみ行われる。
 作文指導法ではありません。

 3 制限作文アプローチ (Controlled Composition Approach)
 特定の文型や表現を使わせて書かせる作文指導法のこと。

 4 プロセス・ライティング/プロセス・アプローチ (The Process Approach)
 作文を仕上げていくそのプロセスを重視した作文指導法のこと。計画、構想、下書き、推敲、教師による添削・フィードバックなどの繰り返しによって新しい発見をし、よりよい文章を再構築していくことを目的とする。教師は学習者のサポートを担う。

 したがって答えは1です。

 

問2 ライティングプロセスの認知モデル

 ライティングプロセスの認知モデル/ライティングの認知プロセスモデルとは、「計画」「文章化」「推敲」の3つの段階によってライティングが行われるとする考え方のこと。また、それぞれの段階で、その過程が適切に行われているかを書き手がモニターする仕組みがあり、モニターには長期記憶とワーキングメモリが関係しているとする。長期記憶から必要な情報を取り出して書いたり、モニターに役立てたりする。ワーキングメモリにはこれまでに書き上げた内容が記憶されている。フラワー (L.Flower)とヘイズ (J.R.Hayes)によって提唱された。

 1 各段階は一つずつ進めるわけではなく、行き来します。
 2 書くために必要な知識は長期記憶から得ます。
 3 書くために必要な知識は長期記憶から得ます。
 4 ライティングプロセスはモニターされています。

 したがって答えは4です。

 

問3 熟達した書き手と未熟な書き手の違い

 1 正しいです。
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 熟達した書き手は、構想の時間が長めになります。

 したがって答えは4です。

 

問4 ライティングプロセスを考慮した指導の方法

 文章中に、熟達した書き手と未熟な書き手の違いに関する研究結果がライティングプロセスを考慮した指導方法に反映されたとあります。熟達した書き手と未熟な書き手の違いは問3にて答えが出ています。それは「熟達した書き手は、構想の段階が長い」ことです。これを踏まえると「時間をかけて書かせると良い」ということになります。選択肢3の「十分時間をかけて」がこれにあたります。

 したがって答えは3です。

 

問5 ピア推敲

 ピア推敲とは、お互いに書いたものを読み合い、良いところと直したほうがいいところを伝え、その内容をもとに書き直すような活動のこと。作文活動の一つ。

 以下の手順で行われます。

1.まず、相手の書いた文章を読んで、いいと思うところを確認し、書き手の主張やその根拠などを理解します。
2.それから、お互いに次のことを話し合います。
①いいと思うところを言う。
②もっと説明してほしいところを言う。
③直したほうがいいところを言う。
④書き手が相談したいことを聞く。
3.話し合いが終わったら、その内容をもとに、書きなおします。
 - 国際交流基金 – 日本語教育通信 日本語の教え方 イロハ 第11回より引用

 1 学習者のレベルが低いと、上記の手順がうまくできない場合があります。
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは1です。





平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説