平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題7解説

平成29年度, 日本語教育能力検定試験

問1 CEFR

 詳しくは以下を参考にしてください。
 ・https://jfstandard.jp/pdf/whole_standard.pdf
 ・https://jfstandard.jp/pdf/cando_6levels.pdf

 1 B1レベル 意見や計画の理由を短く述べる
 2 B2レベル かなり広範囲な話題
 3 A1レベル 助け船
 4 A2レベル 身の回り

 したがって答えは4です。

 

問2 NHK NEWS WEB EASYのガイドライン

日本語教育の教材や、やさしい日本語の評価実験などを通して、やさしい日本語の書き方のガイドラインを以下のようにしました。
 
・自然な日本語とする。
・文の長さを50文字以下にする。
・外国人が受験する日本語能力試験(初級)の範囲の単語と文法を使う。
・中心的な情報だけ残す
 - http://www.nhk.or.jp/strl/onepoint/yasashii.htmlより引用

 1 JLPTに初級という記述はないですが、少なくともN2は初級ではありません。
 2 周辺的な情報は加えません。
 3 1文の長さは50文字以下です。
 4 正しいです。

 したがって答えは4です。

 

問3 トップダウン処理とボトムアップ処理

 1 正しいです。
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 トップダウンではなく、ボトムアップです。区切りながら聞くことで単語や音、文法などを正確に把握し、文全体を理解していけます。

 既に持っている背景知識や文脈、タイトル、挿絵、表情などから推測しながら理解を進めていく言語処理方法をトップダウン処理といいます。逆に、単語や音、文法などの言語知識を用いて、細かい部分から徐々に理解を進めていく言語処理方法をボトムアップ処理といいます。

 したがって答えは4です。

 

問4 NHK NEWS WEB EASYのガイドラインに則った書き換え

 ここでいう第一文目とは「朝食を取らない若い世代が増える中」です。この一文をNHK NEWS WEB EASYのガイドラインに則って「やさしい日本語」に書き換えます。

・自然な日本語とする。
・文の長さを50文字以下にする。
・外国人が受験する日本語能力試験(初級)の範囲の単語と文法を使う。
・中心的な情報だけ残す

 1 第1文目に相当。
 2 「栄養バランスは~底上げにつながるとして」に相当。
 3 「値段は100円」などの文に相当。
 4 第3文目に相当。

 したがって答えは1です。

 

問5 「やさしい日本語」のニュース教材を用いる利点

 1 本来の表現を簡単な日本語に落とし込むため、ニュース特有の言い回しや文体は学習できません。
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは1です。