平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題6解説

 ARCSモデル(アークスモデル)/ARCS動機付けモデルとは、ジョン・ケラー (John M.Keller)が提唱した、教師が学習者の学習意欲を高めるために行うべき行動を注意 (Attention)、関連性(Relevance)、自信(Confidence)、満足感(Satisfaction)の4つの側面から示したモデル。授業の計画に活用することで、学習者の興味を引き出したり、やる気を引き出せるような教案を作ることができるようになる。

 

問1 ゲームを取り入れる際の留意点

 1 教育的な要素は十分にあります。
 2 コミュニケーション活動といえます。競争を取り入れるとより盛り上がります。
 3 正しいです。
 4 ゲームには難しい言語を使うものもありますが、ゲームによってはどのレベルでも行えます。

 したがって答えは3です。

 

問2 ゲームによる学生の満足度

 1 多少難しい課題を達成するほうが満足度は上がります。
 2 褒めたり、成果を与えたりすると満足度は上がります。
 3 大変な作業をして成果が少ないと満足度は下がります。
 4 その通りです。

 したがって答えは1です。

 

問3 関連性

 レストランで学生にお客さん役をさせてゲームをしました。レストランとの関連性から見て、参加者の馴染みの深い場面や状況設定をすると盛り上がりやすくなります。

 したがって答えは2です。

 

問4 レアリア

 実際の社会で用いられている物とは、レアリアのことです。生教材とも言います。例えば果物を学ぶ場面において、本物の果物を持っていくことで学習者の興味を引いたりすることができます。

 1 レアリアがあることで、学習者の興味を引くことができます。
 2 レアリアがあることで、ゲームの現実性が高くなります。
 3 そのレアリアに関する知識や情報を教えることができます。
 4 学習者は教えたい言葉や情報よりも、レアリアに興味を引かれやすいです。

 したがって答えは4です。

 

問5 授業の改善

 場面を実際に良く利用するであろうファストフード店に設定したり、本物のメニューを使ったりすることを考えています。学習者の学習意欲を高めようとしていると言えます。

 レディネス (readiness)とは、学習者の学習条件のこと。自分の意思や都合では決められない学習者の母語や母文化、年齢、今までの学習期間、経済的要因、学習環境などの外的条件と、学習者の個人的な条件である学習スタイル、日々の学習時間、現在のレベル、外国語学習経験などの内的条件に分けられる。

 したがって答えは1です。

 





平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説