平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題4解説

 連濁とは、複合語で後部要素の語頭子音が濁音化する日本語の変音現象。後部要素の語頭の無声子音が母音(有声音)に挟まれた時に、隣りの音に同化するために生じる。ただし、以下の場合は生じにくくなる。

漢語や外来語の場合は起きにくい
前部要素と後部要素が意味的に並列関係である場合は起きにくい
複合語の後部要素にもとから濁音が含まれている場合は起きにくい

 参考:日本語の変音現象について - 連濁(れんだく)

 

問1 清音と濁音で意味の違いを生じない言葉

 選択肢1
 「一言」と「他人事」は意味が違います。

 選択肢2
 写真などを見ながら過去を想起して「このころは良かった」
 最近のことを指して「このごろ流行りの女の子」
 意味が違います。

 選択肢3
 「そのくらい我慢してよ」と「そのぐらい我慢してよ」は同じ意味です。

 選択肢4
 「確執」「角質」と「確実」は意味が違います。

 したがって答えは3です。

 

問2 歴史的に濁音で始まる語

 野豚は野生の豚を指します。豚は上位語で、野豚は下位語です。それぞれ指すものが違うので、歴史的背景は関係ないのではないでしょうか。
 したがって答えは1です。

 

問3 連濁が発生する条件

 上述の通り、「山川(やまかわ)」のようにお互いが並列関係にあるものは連濁が起こりません。
 したがって答えは3です。

 

問4 連濁が発生する条件②

 連濁は日本語における連音現象なので特に和語に起きやすく、漢語や外来語では極めて稀です。「リゾートホテル」の「ホ」が濁音にならない理由は、外来語だからです。
 したがって答えは2です。

 

問5 連濁が発生する条件③

 複合語の後部要素にもとから濁音が含まれている場合、連濁は起こりません。これをライマンの法則と呼びます。「えりまきとかげ」の「と」、「ひとりたび」の「た」が濁音にならない理由はライマンの法則で説明できます。

 ライマンの法則とは、複合語の後部要素にもとから濁音が含まれている場合、連濁は起きにくいという法則のこと。「縄梯子」などの例外がある。

 したがって答えは3です。