平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題3解説

問1 拘束形式

 独立形態素(自由形態素)とは、単独で語になることができる形態素のことです。{amagumo}は{ama}と{gumo}に分けられ、それぞれ「雨」と「雲」という単語になります。
 拘束形態素とは、単独で語になりえない形態素のことです。主に接頭辞や接尾辞などのことです。「お電話」の「お」など。

 自由形式とは、単独で意味を表し、自由に使うことができる語のことです。ある語の最も一般的な読み方のほうは自由形式です。
 拘束形式とは、単独で意味を表すことができず、より大きな形式の一部としてしか現れない語のことです。ある語の一般的ではない読み方のほうは拘束形式です。
 例えば「あめ」は「雨」や「飴」を表し、そのまま自由に使うことができます。しかし「あま」は雨雲、雨傘、雨曇りなど、特定のより大きな形式の一部としてしか現れない形式です。つまり、「雨」のより一般的な読み方「あめ」は自由形式で、「あま」は拘束形式ということです。

金(きん) 独立形態素の自由形式
髪(ぱつ) 独立形態素の拘束形式
酒(さか) 独立形態素の拘束形式
蔵(ぐら) 独立形態素の拘束形式
雛(ひな) 独立形態素の自由形式
祭り(まつり) 独立形態素の自由形式
花(はな) 独立形態素の自由形式
曇り(ぐもり) 独立形態素の拘束形式

 したがって答えは2です。

 

問2 音韻的に異なる要素

 1 {pi}も{bi}も独立形態素で、単独で「日」になることができます。
 2 {ha}は独立形態素で、「歯」や「葉」になることができます。
 3 {ha}は独立形態素で、葉書の「葉」や、助詞の「は」になることができます。
 4 おでんの「お」は拘束形態素で、単独で語になることはできません。一方、「彼を」の「を」は独立形態素で、単独で助詞の「を」になることができます。

 したがって答えは4です。

 

問3 一定の音韻的な環境で交替する例

 1 産毛、すね毛、胸毛、まつげなど、「げ」になる規則性がありません。
 2 「一」の後ろに子音k、s、t、pが来るとき、「いっ」になります。(一回、一切、一体、一杯…)
 3 木霊(こだま)、木陰、木の葉、木漏れ日など、「こ」になる規則性がありません。
 4 「ぎょう」と「こう」を分ける規則性はありません。

 したがって答えは2です。

 

問4 擬音語・擬態語に見られる音韻交替

 擬音語・擬態語には、音韻交替によって「動作が瞬間的であること」と「動作が滑らかでゆっくりであること」が表せるものが少なくないようです。
 「ポロッ:ポロリ」「くるっ:くるり」「ぷすっ:ぷすり」なども音韻交替によって意味の違いが生じています。

 したがって答えは3です。

 

問5 文法的な機能の違いが生まれる音韻交替

 音韻交替によって文法的な違いが出るものを選択肢から探します。

 選択肢1
 他動詞「残す」はヲ格を取ります。「~を残す」
 自動詞「残る」はガ格を取ります。「~が残る」
 音韻交替によって動詞が変わり、取るべき格助詞も変わりました。

 選択肢2
 「彼女はさびしがっている」と「彼女はさみしがっている」は同じ意味です。文法的な違いもありません。

 選択肢3
 音韻交替とは、一つの音素が異なる音で現れることです。「渡す」に音素がいくつも加えられて「渡される」となっているので、そもそも音韻交替ではありません。
 「渡す」と「渡る」であれば、この問題の正解となり得ます。

 選択肢4
 他動詞「とめる」はヲ格を取ります。「~をとめる」
 他動詞「やめる」はヲ格を取ります。「~をやめる」
 音韻交替によって文法的な違いは生まれません。

 したがって答えは1です。