平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題2解説

問1 比喩による意味拡張

 意味を拡張する比喩表現は4つに分けられます。

種類 性質 例文
メタファー
(隠喩)
類似するものに喩える。 頭がショートする。
足が棒になる。
メトニミー
(換喩)
隣接関係にあるもので喩える。 隣の部屋がうるさい。
パトカーに捕まった。
シネクドキー
(提喩)
上位概念で下位概念を表す。またはその逆。 お茶でも飲みに行きましょう。
花見に行きましょう。
シミリー
(直喩)
「~のような」「~みたいな」で直接喩える。 バケツを引っくり返したような雨
太陽みたいな人

 「花見に行く」はシネクドキーです。上位語の「花」で下位語の「桜」を示しています。

 1 メトニミー 警察とパトカーの隣接性による比喩。
 2 シネクドキー 上位語「天気」で下位語「晴れ」を示す。
 3 意味拡張されていません。
 4 メタファー 卵と見習いの類似性による比喩。

 したがって答えは2です。

 

問2 意向形

 1 「忘れよう」は意志を表します。
 2 相手に対しての「行こう」は勧誘を表します。
 3 「行くつもりだ」は、その場ではなく、以前から意志を決めていたときに用います。
 4 「私は書く」は、自分の意志を表します。

 したがって答えは3です。

 

問3 様々な解釈ができる発話行為

 1 助言
 2 命令
 3 慣習となっているものを説明しています。提案ではありません。
 4 断定

 したがって答えは3です。

 

問4 ネガティブ・ポライトネス(ネガティブ・フェイス)

 ポライトネス理論 (Politeness Theories)とは、ブラウン (P.Brown)とレビンソン (S.Levinson)によって提唱された、会話において両者が心地よくなるよう、あるいは不要な緊張感がないように配慮するなど、人間関係を円滑にしていくための言語行動によって、人はお互いのフェイスを傷つけないように配慮を行いながらコミュニケーションを行っているとする理論のこと。

 フェイス (face)とは、ブラウン (P.Brown)とレビンソン (S.Levinson)によって提唱されたポライトネス理論における、人と人の関わり合いに関する欲求のこと。そのうち共感・理解・好かれたいことを望む欲求をポジティブ・フェイスといい、邪魔されたくない、干渉されたくないという自由を望む欲求をネガティブ・フェイスという。

 ポジティブ・ポライトネス (positive politeness)とは、相手のポジティブ・フェイスを確保しようとする言語行動のこと。
 ネガティブ・ポライトネス (negative politeness)とは、相手のネガティブ・フェイスを侵害しないようにする言語行動のこと。

 1 ポジティブ・ポライトネス
 2 ポジティブ・ポライトネス
 3 ポジティブ・ポライトネス
 4 ネガティブ・ポライトネス

 1~3は相手と共感して距離を縮めようとしているのに対し、4は相手に配慮して距離を取ろうとする様子が伺えます。
 したがって答えは4です。

 

問5 ポジティブでもネガティブでもないポライトネス

 1 子供への配慮も、距離を縮めようともしていません。
 2 子供のネガティブフェイスに配慮した、母親のポジティブポライトネスです。
 3 子供のネガティブフェイスに配慮した、母親のポジティブポライトネスです。
 4 子供のネガティブフェイスに配慮した、母親のポジティブポライトネスです。

 したがって答えは1です。





平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説