平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題1解説

問1 動詞と格助詞

 選択肢1
 自他の混同です。他動詞「汗を出した」は使えず、自動詞「汗が出た」を使うべきです。

 選択肢2
 「花子のところ」と言うべきです。格助詞に起因する誤りではありません。

 選択肢3
 「ある」の所有文の文型は「(人)は(物や事)があります。」です。この文型に数詞・数量詞を加える場合は2つの方法があります。
  ・(私は)3つ言いたい事があります。
  ・(私は)言いたいことが3つあります。
 よって、文型に関する知識不足による誤用です。

 選択肢4
 「困る」は必ず格助詞「に」を取ります。これを知らなかったことで誤用が生じています。

 したがって答えは4です。

 

問2 動詞句の名詞化

 名詞句「カナダからの帰国」は、「カナダから帰国する」の格助詞「から」の後に「の」を入れることで作られています。
 このように、格助詞の後ろに「の」を入れて名詞句になるという規則が、別の格助詞にも使えるかどうかをみていきます。

 1 ◯彼女と結婚する ⇔ ◯彼女との結婚
 2 ◯台風で休校した ⇔ ◯台風での休校
 3 ◯学校に到着した ⇔ ✕学校にの到着
 4 ◯学校までバスに乗る ⇔ ◯学校までのバス

 3だけは名詞句にできません。
 したがって答えは3です。

 

問3 名詞修飾節の主語になる格助詞「の」

 格助詞「の」には2つの用法があります。
  ・名詞と名詞の関係性を表す用法 (部屋の中)
  ・名詞修飾節の主語 (アイスの食べたくなる季節)

 「の」が名詞修飾節の主語として用いられるとき、「の」と「が」は入れ替えることができます

 1 体言の代用の「の」です。「こと」や「もの」に言い換えられます。
 2 「が」に入れ替えられます。
 3 「~のです」の「の」は文型の一部です。格助詞ではありません。
 4 体言の代用の「の」です。「こと」や「もの」に言い換えられます。

 したがって答えは2です。

 

問4 複合格助詞に置き換えられるケース

 1 ◯法に基づいて裁く ⇔ ✕法に裁く
 2 ◯事実に即して報道する ⇔ ✕事実に報道する
 3 ◯今日をもって辞める ⇔ ◯今日で辞める
 4 ◯過去について語る ⇔ ✕過去で語る

 したがって答えは3です。

 

問5 時の名詞+に

 選択肢1
 時の名詞に「に」が付くかどうかは、書き言葉や話し言葉に関係ありません。後述する、今を基準にした相対的な時を表す名詞か、基準のない絶対的な時を表す名詞かによって決められます。

 
 選択肢2
 確かにニ格は様々な意味がありますが、時か場所かを判断するには先行文脈を見る必要はありません。ニ格に付いている名詞を見れば分かります。

 
 選択肢3
 今を基準とした相対的な時の名詞には、格助詞「に」は付きません。
  (1) 毎日勉強しています。
  (2) 明後日映画を見に行きます。

 今を基準としない絶対的な時を表す名詞には、格助詞「に」が必要です。
  (3) 2時に来てください。
  (4) 4時に帰りましょう。

 格助詞「に」が付いても付かなくてもいい場合は、時の名詞は副詞的な使い方をしています。
  (5) 一分後出発します。/一分後に出発します。
  (6) 彼はその翌日亡くなった。/彼はその翌日に亡くなった。

 
 選択肢4
 二重ヲ格制限はありますが、二重ニ格制限なるものはありません。
 「彼、私は毎日子供英語を教えていることを教えた。」のように同じ意味のニ格が複数現れる場合も可能で、「子供アメリカ留学させた。」のように異なる意味のニ格が複数現れる場合も可能です。

 
 したがって答えは3です。