平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ 問題5解説

1番

 この教材は「初級の日本語学習者向けの聴解教材」だそうですが、偏る、炭水化物、たんぱく質、負担、気分転換、バランスなど、初級のレベルに合っていない語彙が多く含まれています。

 聴解教材内の問いは「男が気をつけるべきことは何?」でした。医者は「野菜のほかに、炭水化物とかたんぱく質とかいろいろ食べてくださいね。」と言っていますので、これが答えであることが分かります。しかし選択肢の2は「バランスよく食べるようにすること」と、言い換えた表現を用いています。よって、言い換えられた表現を聞き取る能力が必要です。

 したがって問1の答えはc問2の答えはbです。

 

2番

 女性の「長ネギはあるけど、玉ねぎは…」には対比と省略の知識が必要です。「玉ねぎは」の後ろには「ない」が来るはずなのですが、ここでは省略されています。また、「ない」が来ることが分かるためには、「AだけどB」のような対比の文型の知識が必要です。

 聴解問題では「1本」や「2個」と、数詞・助数詞が使われていますので、これらの知識も必要です。

 転訛とは「手前」が「てめえ」のように訛ることで、このときの「てめえ」のように、訛った後の形を転訛形と言います。聴解問題では転訛形は用いられていません。

 したがって問1の答えはdです。

 
 問題は「男の人は何をいくつ買いますか?」なので、買う物とその個数の2つを聞いています。しかしこのような選択肢だと、買うものが玉ねぎだと分かれば何個買うかは関係なく選択肢2を選びます。その逆もまた然りです。出題意図と選択肢が合っていません。

 したがって問2の答えはaです。

 

3番

 聴解問題冒頭の「お疲れ様です」と「お疲れ」に見られるように、先輩と後輩でスピーチスタイルが違います。
 したがって問1の答えはdです。

 先輩は後輩にこれからサークルのみんなでご飯食べてカラオケ行くことを伝えました。しかし「~行くみたいなんだけど行く?」のように、先輩が行くかどうかは曖昧です。また、自分も課題が終わっていないことを明かしたり、最後に「私はそういうわけにはいかないけど」などと、行くのか行かないのかは最後まで曖昧で分かりません。
 したがって問2の答えはbです。







平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説