平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ 問題2解説

拍の長さ 日本語では、平仮名1文字が1拍に相当します。ただし拗音は直前の音に結び付いて1拍となります。
プロミネンス 発話の中の特定の部分を他の部分よりも強調して言うことです。
アクセントの
下がり目
アクセントとは、個々の語について、習慣的に決まっている発音の相対的な高さや強さのことです。日本語は高低アクセントで、核(下がり目)のない平板式と、核のある起伏式に分けられます。
イントネーション 抑揚のことです。疑問文の「~か?⤴」は上昇調、「そうですか⤵」の「か」は下降調です。

 

1番

 「ざんねん」というべきところを「ざねん」と言っています。「ん」が抜け落ちて拍の長さが短くなっています。
 したがって答えはaです。

 

2番

 「へえ⤴、どんな映画を見ったんですかあ⤵」と言っています。
 余計な「っ」が増えて拍が長くなっており、文末イントネーションも上がるべきところで下がっています。
 したがって答えはbです。

 

3番

 「へえ⤴、そうですか⤴」と言っています。
 本来アクセント核は「そ」の直後ですし、文末イントネーションも下がるべきところで上がっています。
 したがって答えはcです。

 

4番

 本来「ひいて⓪」と言うべきところを「ひいて①」と言っています。アクセントの間違いです。
 したがって答えはdです。

 

5番

 「どのサークル?」と聞いているのに、「ダンスのサークル」を強調していませんのでプロミネンスに問題があります。また、文末は「入りました⤴」と言っていて、イントネーションにも問題があります。

 したがって答えはcです。

 

6番

 「時間があれば」を強調すべきですが、「行きます」を強調してしまっています。プロミネンスの誤りです。また、「行きます⓪」と言うべきところを、「き」の後にアクセント核を置いています。
 したがって答えはcです。





平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説