品質に責任を持つこと

中国での生活

 今日、食事をしていたときのことです。
 食べ物が乗せられた皿の上に一枚の紙。ここには何やら文字が書かれていました。

 この紙には、この皿にある料理を作った人の名前が書かれています。中国では大変珍しいと思い、写真に収めました。

 日本では、いちいち提供する料理に作った人の名前を入れるなんてないでしょう。提供するものに責任を持つのは当たり前のことだからです。しかし、中国ではそうとは限りません。責任の所在が日本より分かりにくい、そんな気がします。ですからあえて名前を入れることで、その品質に安心感が生まれるわけです。

 やはり安心は重要です。食事に関しては、とりわけそう思っています。

中国での生活

Posted by そうじ