平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題15解説

 この問題は国際交流基金の「2012年度日本語教育機関調査」から出題されています。「2012年度 日本語教育機関調査 結果概要 抜粋」を参照してください。

問1 海外の日本語学習者の総数

 学習者数は全世界で「3,985,669人」です。
 したがって答えは4です。

 

問2 海外の日本語学習者が多い国

 1位は中国、2位はインドネシア、3位は韓国です。
 したがって答えは1です。

 

問3 日本語学習の目的として過半数を占めるもの

 1 今の仕事で必要 18.4%
 2 日本への観光旅行 28.6%
 3 マンガ・アニメ・J-POP等が好き 54.0%
 4 受験の準備(大学等) 26.6%

 したがって答えは3です。

 

問4 日本語学習のためのウェブサイト

 1 みんなの教材サイト
 2 NIHONGO eな – Portal for Learning Japanese –
 3 かすたねっとの説明は、選択肢1の内容です。
 4 同声同気

 答えは2です。

 

問5 海外における日本語普及促進に関する政府の中長期的方針

 出題元が見つからなかったので、答えだけを示します。
 答えは3です。





平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説