平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題11解説

問1 パラ言語情報

 非言語コミュニケーション/ノンバーバル・コミュニケーション (nonverbal communication)とは、外見、身だしなみ、顔の表情、顔色、視線、身振り手振り、体の姿勢、相手との物理的な距離(対人距離)、呼吸などによって行われる、言語以外の手段によるコミュニケーションのこと。その研究分野から、身体動作学、近接空間学、パラ言語学(周辺言語学)の3つに分けられる。

身体動作学 身振り手振り(ジェスチャー)、表情、アイコンタクトなどの身体動作に着目した研究のこと。
近接空間学 相手との距離の取り方に着目した研究のこと。
パラ言語学
(周辺言語)
言葉に付属して相手に伝えられるイントネーション、リズム、ポーズ、声質(声の大きさ、高さ、速さ、声色)、フィラーなどの研究のこと。

 パラ言語情報とは、イントネーション、リズム、ポーズ、声質などのことです。

 1 プロミネンス/卓立 (prominence)
 発話の中の特定の部分を他の部分よりも強調して言うこと。
 パラ言語情報に含まれます。

 2 アクセント (accent)
 ある言語において、言葉ごとに決められている音の相対的な高低や強弱の配置のこと。アクセントは高低アクセントと強弱アクセントに大別される。
 語のアクセントは1つしかありませんので、変更して言うことはできません。

 3 ポーズ/間 (pause)
 発話中に出現する、実際には発話されない一呼吸置かれた時間のこと。分かりやすく伝えたり、相手に考えさせる時間を与えたりする機能を持つ。
 パラ言語情報に含まれます。

 4 イントネーション/抑揚 (intonation)
 話すときの声の上がり下がりのこと。感情のこもった「そんなわけないじゃん!」や「本当に!?」などは文頭イントネーションが変わったり、疑問文では文末が上昇調になったりする。
 パラ言語情報に含まれます。

 したがって答えは2です。

 

問2 記号等で補完されたパラ言語・非言語情報

 文字でのやり取りのときに、パラ言語・非言語情報がどのような形になるかを問う問題です。各選択肢に含まれる記号に文字には現れていない意味(非言語情報)があるかどうかを見ていきます。

 1 「・・・」には、申し訳なさそうな様子を表す非言語情報が含まれています。
 2 「①」「②」「③」は順番を表しているだけで、非言語情報はありません。
 3 「¥」「( )」には非言語情報はありません。
 4 「~」には、範囲の始点と終点をつなぐ意味があるだけで、非言語情報はありません。

 したがって答えは1です。

 EDISON

問3 エンブレム

 ジェスチャー (gesture)とは、他の人に何かを伝えるためにする身振り手振りのこと。エクマン(Ekman)とフリーセン(Friesen)は、その性質からエンブレム、イラストレーター、アフェクトディスプレイ、レギュレーター、アダプターの5種類に分類した。

エンブレム
(言語の代行)
言葉の代わりになる動作のこと。試合中のハンドサインや、ボディーランゲージなど。
イラストレーター
(意味の強調)
発話内容の更なる理解を促すために、その物事の具体的な大きさや長さ、形、状態などを示すための動作のこと。「こんなに大きかったよ」と言いながら、両手で大きさを表現するのがこれにあたる。
アフェクトディスプレイ
(感情の表現)
喜怒哀楽などの感情を表情や身体的動作を通して伝えること。眉をひそめたり、困った顔をしたりするのがこれにあたる。
レギュレーター
(会話の調整)
相槌やアイコンタクトなど、会話の中断や続行を促す動作のこと。
アダプター
(生理的欲求への対応)
メッセージとしての意味はなく、生理的欲求を満たすために行われる動作のこと。例えば背中が痒いから掻いたり、落ち着かないから貧乏ゆすりをしたりなどがこれにあたる。

 1 アフェクトディスプレイ
 2 イラストレーター
 3 エンブレム
 4 イラストレーター

 したがって答えは3です。

 

問4 日本人のパーソナル・スペースの傾向

 パーソナルスペース (personal space)とは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、文化や民族によってその広さは異なる。日本人は親しい相手でも比較的広くとる傾向がある。

 したがって答えは3です。

 

問5 他の文化では許容されない動作

 選択肢1
 タイでは、頭は精霊の宿る大切な場所と信じられているので、子供の頭を撫でるのはよくないとされています。ただし、以下の記事によると、大人は良くないけど、子供は可愛がるために頭をなでることが普通にあるとのこと。
 パンフレットなんかには撫でてはいけないと書かれているようなので、出題者はそれを見て出題したんでしょうけれども、現実に即していない問題を出すのはどうかと思います。

 参考:「タイで子供の頭を撫でたらダメ!」って誰が言い始めたの? | タイヨメ

 
 選択肢2
 アラブ諸国では靴底を相手に見せてはいけません。座ったときにうっかり足を組んで見せないように注意する必要があるようです。
 そもそも靴は外の穢れから足を守ってくれるもので、靴にはその穢れがついているとされています。その靴で踏みつけたり、投げつけたりして相手を傷つける行為は相手に対する最大の侮辱行為としてみなされるそうです。

 
 選択肢3
 ドイツでは手を挙げるのではなく、右の人差し指を立てて挙げるそうです。日本と同じように挙手すると、例の敬礼に見えてしまうからだそうです。

 
 選択肢4
 インドネシアでは、物を渡すときは右手を使います。右手は食べ物を食べる手、左手はトイレで使うので不浄の手とされています。その左手で物を渡すのは失礼とされています。

 
 したがって答えは4です。





平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説