平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題9解説

平成26年度, 日本語教育能力検定試験

問1 グローバルエラー

 グローバルエラーとは、相手とのコミュニケーションに大きな支障が出るエラーのことです。また、影響が少ないものをローカル・エラーと呼びます。

 1 意味が分かるので、ローカルエラーです。
 2 意味不明なので、グローバルエラーです。
 3 意味が分かるので、ローカルエラーです。
 4 意味が分かるので、ローカルエラーです。

 したがって答えは2です。

 

問2 過剰般化

 過剰般化とは、文法的な規則を他のところにも過剰に適用することによって起きる言語内エラーです。例えば「安くはありません」を「安いではありません」と言うのは、な形容詞の規則をい形容詞に適当したために生じています。

 1 自然習得より教室の方が文法規則を詳しく学べるので、過剰般化は起こりやすくなります。
 2 第二言語のみならず、学習言語に起きる現象です。
 3 過剰般化は学習言語の知識を使いすぎることによって起こります。
 4 過剰般化についての記述です。

 したがって答えは4です。

 

問3 母語の転移

 母語の転移(言語転移)とは、学習言語の学習過程において母語の影響を受けることです。母語と学習言語との間に何らかの共通点があり、それが学習を促進させる場合の転移正の転移と呼びます。逆に、母語と学習言語との間の差異が著しく、学習言語の習得を妨げる場合の転移負の転移と呼びます。転移は単語、文法、文字、音声などに発生します。

 たとえば中国語には助詞がないので、中国語話者が日本語を学ぶ際には助詞の習得が難しくなります。これは典型的な負の転移です。

 1 文法よりも、語彙や音声のほうが転移しやすいです。
 2 教師の教え方も学習者の転移の起き方に影響します。
 3 母語は同じでも、転移が起きるかどうかは人によって異なります。
 4 上達すればするほどネイティブが使う形式に近づいていくので、転移は起きにくくなるはずです。

 したがって答えは3です。

 

問4 語用論的転移

 プラグマティック・トランスファー(語用論的転移)とは、母語による影響で生じる表現のことです。文法的な誤りはなく、しかし適切な表現でないものを指します。

 一方、言語間エラーは母語による影響で生じるエラーのことです。こちらは文法的な誤りがあるものを指します。

 1 「住んでいました」を「住んでいます」と言うのは言語間エラーです。
 2 文法的な誤りはないので、プラグマティック・トランスファーです。
 3 「手伝う」を「助ける」と言うのは言語間エラーです。
 4 「教師」と「先生」というのは言語間エラーです。

 したがって答えは2です。

 

問5 生活言語能力(BICS)と学習言語能力(CALP)

 生活言語能力(BICS)とは、生活場面で必要とされる言語能力のことです。コンテクストの支えがあるので認知的な負担が少なく、2年ほどで習得可能とされています。
 学習言語能力(CALP)とは、教科学習などで用いられる抽象的な思考や高度な思考技能のことです。学習の場面では低コンテクストの状態になるため、認知的な負担が大きくなります。習得には5~7年必要だとされています。

 1 CALPは年齢が低いほど有利だと思いますが、BICSは年齢に関係なく習得しやすいです。
 2 CALPは習得が難しいです。
 3 正しいです。
 4 CALPの方が低コンテクストなので、認知的な負担が大きくなります。

 したがって答えは3です。