平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題5解説

問1 絵カード

 絵カードとは、その名の通り絵が描かれているカードです。それを学習者に見せることで授業を進めていきます。

 選択肢1
 空腹の様子を描いた絵カードを見せて「食べたいです」と言わせるように、絵カードにはキューとしても使うことができます。

 選択肢2
 絵カードをいくつか用意して、それぞれを並び替えてストーリーを作るようなことでしょうか。絵カードならできます。

 選択肢3
 抽象的な概念を表す語の意味は、絵で説明しにくいと思います。

 選択肢4
 これも選択肢1と同じく、受身形を使う場面を絵で表現し、キューとして使うこともできます。

 したがって答えは3です。

 

問2 内容の聞き取りを目的とした初級聴解教材

 1 未習のも多少はあえて含めるべきです。また、初級なのである程度含めないと問題を作れないと思います。
 2 初級なのでポーズを入れて問題を易しめにしたほうがいいです。
 3 あらかじめ状況や場面が分かると、内容も聞き取りやすくなります。
 4 教材を作る際に、実用性は重要な要素です。

 したがって答えは1です。

 

問3 ロールプレイで重要な要素

 ロールプレイやディスカッション、ディベートは、コミュニカティブ・アプローチ(Communicative Approach) の考え方を反映した言語活動で、現実のコミュニケーションと同じような活動を教室で行うのが特徴的です。これらはコミュニケーション能力の育成を中心としているため、インフォメーションギャップ(情報格差)、チョイス(選択権)、フィードバック(反応)の三要素が組み込まれた言語活動が行われるのが好ましいとされています。

 ビリーフとは、直訳すると信念です。どのようにすれば言語を習得できるかという考え方のことを指します。教師のビリーフと学習者のビリーフがあり、両者のビリーフが一致することによって学習にはプラスに働きます。

 ニーズとは、学習者が必要としている日本語のことです。

 レディネスとは、学習者の学習に対する心身の準備状態のことです。自分の意思や都合では決められない国籍・母語・文化・年齢・学習予定期間・経済的要因・学習環境などの外的条件、学習者の個人的な条件である外国語学習経験の有無、学習スタイル、学習時間、レベルなどの内的条件に分けられます。

 したがって答えは4です。

 

問4 サイレントウェイ

 サイレント・ウェイとは、「真の習得はアウェアネス(気づき)なしには起こらない」という立場から、教師はできるだけ沈黙し、学習者自らが規則や体系を発見して学んでいくことを支援する教授法です。ロッド、サウンド・カラー・チャートなどの独自の道具を用います。

 したがって答えは3です。

 

問5 先行シラバスと後行シラバス

 先行シラバスとは、コース開始前に完成されているシラバスのことです。
 後行シラバスとは、コース実施中に学習者の要求に基づいて教育を行っていくことで、結果的にコース終了後に完成するシラバスのことです。

先行シラバスの記述 先行シラバスの記述
先行シラバスの記述 後行シラバスの記述
後行シラバスの記述 後行シラバスの記述
後行シラバスの記述 先行シラバスの記述

 したがって答えは2です。