平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題4解説

平成26年度, 日本語教育能力検定試験

問1 コミュニカティブ・アプローチ

 1 コミュニティ・ランゲージ・ラーニング(CLL)
 心理学者カランがカウンセリング理論・手法を外国語学習に応用して開発した教授法です。カウンセリング手法は、学習者が誤りを犯すことへの心理的な不安を和らげるために用いられます。カウンセリング・ラーニングとも呼ばれます。また、不安軽減のため、媒介語の積極的な使用を認めています。

 2 コンプリヘンション・アプローチ(Comprehension Approach)
 とにかく聞く聴解を中心とする教授法の総称です。ビデオの教材や聴解練習だけに絞り、聴解能力が十分確立するまで発音練習や発話練習は行わない方法。そうすることで目標言語で発言することへの心理的圧迫を割けます。聴解優先アプローチとも言います。

 3 オーラル・アプローチ
  オーディオ・リンガル・メソッド(Audio-Lingal Method)の別名で、目標言語の音声や文法構造をミムメム練習やパターンプラクティスを用いて学習し、それらを無意識に自動的に反射的に使えるようになることを目標とする教授法です。また、もともと兵士の語学訓練のために用いられたため、アーミー・メソッド(Army Method)などとも呼ばれます。

 4 コミュニカティブ・アプローチ
 コミュニケーション能力の育成を中心とし、情報の格差を埋めることがコミュニケーションの本質という考え方に基づいています。インフォメーションギャップ(情報格差)、チョイス(選択権)、フィードバック(反応)などの要素がある、現実のコミュニケーションと同じような活動を教室で行います。形式よりも意味を重視するフォーカス・オン・ミーニングに分類されます。

 
 したがって答えは4です。

 

問2 ファシリテーターの役割

 ディスカッションにおけるファシリテーター(促進者)の役割に関する問題です。ファシリテーターは学習そのものに参加せず、あくまで中立的な立場から活動の支援を行うように立ちまわります。

 1 説明せずに、どのように理解するかは学習者に任せるべきです。
 2 事前に立場は割り振らず、学習者自身の意見に従います。
 3 展開や対応は全て学習者に任せるべきです
 4 中立的な立場からの支援としては適切です。

 したがって答えは4です。

 

問3 伝達能力(コミュニカティブ・コンピテンス)

 コミュニケーション能力に関して、ハイムズは、コミュニケーションには正しい言語形式を使用するだけではなく、場面や状況に応じた使い方をすることが必要だと提唱しました。これを伝達能力(コミュニカティブ・コンピテンス)と言います。
 また、カナルは、伝達能力は文法能力、社会言語能力、方略能力、談話能力から成り立っていると主張しました。

 1 文法能力
 語、文法、音声、表記などを正確に使用できる能力。

 2 社会言語能力(社会言語学的能力)
 場面や状況に応じて適切な表現を使用できる能力。

 3 方略能力(ストラテジー能力)
 コミュニケーションを円滑に行うための能力。相手の言ったことが分からなかったとき、自分の言ったことがうまく伝わらなかったときの対応の仕方のことで、ジェスチャー、言い換えなどがあてはまります。

 4 談話能力
 言語を理解し、構成する能力。会話の始め方、その順序、終わり方などのこと。

 
 したがって答えは2です。

 

問4 ディベートに適したテーマ

 文章中に、ディベートは「肯定派と否定派の二つのグループに分かれ」とあります。
 答えが複数ある中から参加者で話し合いを行うディスカッションとは違い、ディベートは肯定派と否定派の対立構造があります。

 1 ディスカッションのテーマ
 2 ディスカッションのテーマ
 3 ディスカッションのテーマ
 4 ディベートのテーマ(引き上げ賛成派と反対派)

 したがって答えは4です。

 

問5 ディベートの特徴

 1 ディベート前の事前準備で、言いたいことを言うための表現を自ら学べる。
 2 ディベートではあらかじめ立場を決めます。学習者自身の意見は尊重されません。
 3 相手の意見に対する反論などから、論理的な思考力が養えます。
 4 意見を述べたり反対質問したりする時間が決まっていて、意見は述べやすいです。

 したがって答えは2です。