平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題13解説

問1 非言語情報

 この問題は私もあまり分かっていないので、下手な事は書かないことにします。とりあえず答えだけを示すことにして、解説は省略します。

 答えは1です。

 

問2 ノンバーバル・コミュニケーション

 ノンバーバル・コミュニケ―ションとは、言語を使用しないコミュニケーションのことです。その研究分野から以下の3つに分けられます。

身体動作学 身振り、手ぶり、表情、アイコンタクトなどの身体動作に着目した研究。
近接空間学 相手との距離の取り方に着目した研究。
パラ言語学
(周辺言語)
イントネーション、リズム、ポーズ、声質(声の大きさ、高さ、速さ、声色)など。フィラーも含まれます。

 問題は「パラ言語情報を含むノンバーバル・コミュニケーション」ですので、各選択肢にパラ言語情報が含まれているかどうか見ていきます。
 
 1 香水をつけるのは上記3つのいずれにも当てはまりません。
 2 にらみつけるは「アイコンタクト」なので身体動作学です。
 3 咳払いは「声質」にあたるので、パラ言語情報を含みます。
 4 「触れる」なので身体動作学です。

 したがって答えは3です。

 

問3 ジェスチャー

 ジェスチャーとは、他の人に何かを伝えるためにする身振り手振りのことです。エックマンとフリーセンはジェスチャーを以下の5つに分類しました。

エンブレム
(言語の代行)
言葉の代わりになる動作のことです。試合中のハンドサインや、ボディーランゲージなど。
イラストレーター
(意味の強調)
発話内容の更なる理解を促すために、その物事の具体的な大きさや長さ、形、状態などを示すための動作のことです。「こんなに大きかったよ」と言いながら、両手で大きさを表現するのがこれにあたります。
アフェクトディスプレイ
(感情の表現)
喜怒哀楽などの感情を表情や身体的動作を通して伝えることです。眉をひそめたり、困った顔をしたりするのがこれにあたります。
レギュレーター
(会話の調整)
相槌やアイコンタクトなど、会話の中断や続行を促す動作のことです。
アダプター
(生理的欲求への対応)
メッセージとしての意味はなく、生理的欲求を満たすために行われる動作のことです。例えば背中が痒いから掻いたり、落ち着かないから貧乏ゆすりをしたりなどがこれにあたります。

 
 問題文では「物事を描写したり意味を強調したりするジェスチャー」とあります。これはイラストレーターのことです。選択肢の中からイラストレーターではないものを見付けます。

 1 イラストレーター
 2 イラストレーター
 3 イラストレーター
 4 エンブレム

 4の動作は口頭で「ダメ」と言わなくても、両手で✕を作れば相手に伝わります。これはエンブレムの特徴です。

 したがって答えは4です。

 

問4 文化を超えて機能する日本人のジェスチャー

 選択肢1
 手刀を切るのは日本人独自の作法で、外国では通じないようです。「Excuse me」とはっきり言って通ることを伝えたり、微笑んで横切ったりするらしいです。確かに、中国では「过一下(ちょっと通ります)」と言って道を開けさせます。そのとき手刀は切りません。

 選択肢2
 他3つが国によって異なる意味を持つジェスチャーですので、消去法でこれが答えになります。静かにさせたいとき指を立てるのは世界共通なようです。

 選択肢3
 手のひらを上にして手招きするのは、国によっては「あっちに行け」という意味になるそうです。また、ペットを呼ぶときに使うため、人に対して使うと侮辱にあたる場合もあるようです。ちなみに中国は日本と同じで、手のひらを下にして手招きします。

 選択肢4
 タイでは挨拶しながら合掌するそうですが、これ見ても、手を合わせるのは国によって別の意味があると言ってもよさそうです。

 したがって答えは2です。

 

問5 フィラー

 フィラーとは、「あのう」「そのう」「えっと」などの言い淀み、言葉を探しているときに発せられる言葉のことです。
 一方、相槌とは人の話を聞きながら同感したり、調子を合わせたりする間投詞のことです。相槌は相手の発話を促そうとしたり、間を保つために打たれます。

 この2つはよく比較されて出題されているようです。

 A フィラー
 B フィラー
 C 相槌
 D フィラー

 したがって答えは3です。