平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題12解説

問1 マルチリンガリズム

 1 ダイバージェンス
 アコモデーション理論 (Accommodation Theory)とは、ジャイルズ (Giles)によって提唱された、相手によって自分の話し方を変える現象を説明するための理論。相手の言語能力によって話し方を変えるフォリナートーク、赤ちゃんに対する話し方のベビートーク、世代間のギャップを無くそうとわざと若者言葉を使って年下の人々に受け入れられようとすることもその一種。その性質からダイバージェンスとコンバージェンスに分けられる。ダイバージェンス(分岐)とコンバージェンス(収束)があります。
 言語的分岐/ダイバージェンス (divergence)とは、アコモデーション理論のうち、自分の話し方を相手の話し方からできるだけ離していくこと。関西圏でも共通語を使おうとすることなどがこれにあたる。
 言語的収束/コンバージェンス (convergence)とは、アコモデーション理論のうち、自分の話し方を相手の話し方にできるだけ近付けていくこと。上司が部下に受け入れられるために若者言葉を使ったりすることなどがこれにあたる。

 2 ダイグロシア
 ある社会において高変種と低変種の二つの言語変種が存在し、それぞれが場面や状況によって使い分けられている状態のこと。高変種とはいわゆる公的な場面で使用される言語形式のことで、H(High)変種とも呼ばれる。低変種は口語や方言において現れる、より私的な場面で使用される言語形式のことで、L(Low)変種とも呼ばれる。

 3 マルチリンガリズム
 マルチリンガルとは、3言語以上を使用する人のことです。
 マルチリンガリズムとは、ある社会において三つ以上の言語が存在していることですが、マルチリンガルと同じ意味として用いられることもあります。

 4 バイカルチャリズム
 バイカルチュラル(バイカルチャリズム)は、2か国の文化的習慣・価値観・行動などを身に付けていることです。

 
 したがって答えは3です。

 

問2 公用語とそれ以外の言語

 1 公用語はヒンディー語、英語、その他19の地方公用語
 2 公用語は英語、マレー語、中国語、タミル語
 3 公用語はドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語
 4 公用語はフランス語のみ

 問題文では「公用語が1つあっても」と言っているので、公用語が1つしかないフランスが正解です。したがって答えは4です。

 ちなみに、wikiにはフランスの公用語以外で使用されている言語について書かれていました。

現行の憲法第二条によると、1992年からフランス語はフランスの唯一の公用語である。ただし、オック語、ピカルディ語などの幾つものロマンス語系の地域言語が存在するほか、ブルターニュではケルト系のブルトン語(ブレイス語)、アルザスではドイツ語の一方言であるアルザス語、北部フランドル・フランセーズではオランダ語類縁のフランス・フラマン語、コルシカではコルシカ語、海外県や海外領土ではクレオール諸語など77の地域語が各地で話されている。
 - フランス – Wikipedia

 

問3 スティグマ

 1 コンプレックス
 自分が他より劣っているという感情、劣等感のことです。

 2 プレステージ
 事前準備を意味するprestage、特別なものを意味するprestigeがあります。言語学関係の用語ではなさそうです。

 3 スティグマ
 レッテル貼り。具体的には社会的に差別されることになる要因のこと。もともとは負の烙印や汚名を意味する語。外見が異なる、言語が異なるなどの要因がスティグマになりえる。

 4 タブー
 してはならないとされているもの、あるいは何をしてはならない、何をすべきであるという決まり事のことです。

 したがって答えは3です。

 

問4 言語復活

 1 言語忠誠
 調べても分かりませんでした。

 2 言語復活
 多言語社会において、少数言語の話者数が増加することです。

 3 言語保持
 多言語社会において、少数言語話者が少数言語と多数派言語を使い分け、意図的に維持し続けることです。

 4 言語拡散
 調べても分かりませんでした。

 したがって答えは2です。

 

問5 アイヌ語

 同化政策とは、国内の支配民族が少数民族の言語や文化、生活様式などを圧殺し、自国民に同化させようとする政策のことです。日本でも明治以来一貫して同化政策が行われ、植民地時代の朝鮮人に日本語や改名を強制、またアイヌ文化やアイヌ語の使用を制限していました。

 したがって答えは4です。