平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題5解説

問1 オンライン教材・素材

 1 ネット環境さえあれば世界中どこからでも利用できます。
 2 動画や音声を利用することで、現実に近い学習ができます。
 3 紙媒体とオンライン教材を組み合わせて利用することで、授業の幅は広がります。
 4 教材の選定には、学習者のニーズやレディネスを把握している必要があります。ある程度のスキルは必要でしょう。

 したがって答えは4です。

 

問2 時間の経過の影響を受けやすい要素

 1 「音声」
 上代日本語にはいろは47字+濁音20の67音でなく、それより20音多い87音(「モ」を加えれば88音)の区別があった(上代特殊仮名遣 – Wikipediaより)ようですが、これは奈良時代頃に使われていた日本語で、今から1000年以上の前のことです。音声は時間の経過によって変わりますが、数百年またはそれ以上の時間がかかるものと思われます。

 2 「文法」
 本来「全然~ない」でしたが、今では「全然~(肯定表現)」も用いられるようになりました。文法も時間の経過で変化していくものです。

 3 「語彙」
 語彙は特に時間の経過の影響を受けやすいです。例えば新語・流行語などが代表的で、去年無かった言葉が当然のように認知され使われ出します。こういった語彙は教科書には反映されにくいものの、内容や情報の新しさを考慮するときには注意しなければならない要素です。

 4 「文字」
 日本に漢字が伝来したのは4世紀後半の弥生時代だとされており、平仮名が成立したのは平安初期頃だとされています。「安」が「あ」に変化するのに数百年かかっているようです。

 文法と語彙はいずれも時間の経過に影響を受けやすいですが、語彙の方が数年単位で変化します。
 したがって答えは3です。

 

問3 構造シラバスの利点

 構造シラバスとは、言語の構造や文型に焦点を当てて構成されたシラバス。オーディオリンガルアプローチやサイレントウェイで用いられる。

 選択肢2の「文法項目」「文パターン」がヒントになります。

 したがって答えは2です。

 

問4 レアリア

 生教材/レアリアとは、実際の社会で用いられている物のこと。例えば果物を学ぶ場面において、本物の果物を持っていくことで学習者の興味を引いたりすることができる。

 1 「りんご」を学ぶために、日本産のりんごを持って行く必要はありません。
 2 次々とレアリアを見せることで文型練習はできると思います。
 3 レアリアは初級でよく用いられますが、中上級でも問題ありません。
 4 実物をを通して、それにまつわる話を弾ませたりできます。

 したがって答えは1です。

 

問5 著作権の侵害

試験問題としての複製等(第36条)
入学試験や採用試験などの問題として著作物を複製すること,インターネット等を利用して試験を行う際には公衆送信することができる。
 ただし,著作権者に不当に経済的不利益を与えるおそれがある場合にはこの例外規定は適用されない。
 営利目的の模擬試験などのための複製,公衆送信の場合には,著作権者への補償金の支払いが必要となる。
 同様の目的であれば,翻訳もできる。
 - 著作物が自由に使える場合 | 文化庁より引用

 したがって答えは4です。







平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説