平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題4解説

問1 オーラル・メソッド

 ダイレクト・メソッド(直接法)とは、母語や媒介語を使わない教授法で、20世紀初頭にヨーロッパで取り入れられました。広義的には、母語を媒介としない外国語教授法全般を指します。ナチュラル・メソッド、フォネティック・メソッド、オーラル・メソッドなど。

 
 選択肢1
 フォネティック・メソッド(phonetic Method)とは、国際音声字母(IPA)の初版が制定されたことを受けて開発された教授法です。発音記号を使った発音練習をし、音と意味を直接的に連結させることが特徴です。フォネティックは「音/音素」という意味なので、この部分から連想して覚えると良いでしょう。

 
 選択肢2
 グアン・メソッドとは、グアンが開発したナチュラル・メソッドの教授法で、幼児の母語習得過程を外国語教育に適応させ、動作と言語を連動させた教授法のことです。シリーズ・メソッド、グアン式教授法、サイコロジカル・メソッドとも呼ばれます。この教授法は山口喜一郎が植民地時代の台湾で導入されました。

 
 選択肢3
 オーラル・メソッドとは、パーマーによって開発された、口頭練習を中心とした教授法です。第一言語の習得過程を第二言語習得に適用し、まずは「聞く」「話す」の技能の習得を優先します。PPPという練習法が特徴的です。

Presentation(文型の導入)
Practicce(基本練習)
Production(応用練習)

 
 選択肢4
 ナチュラル・メソッドとは、19世紀後半に始まった媒介語を使用しない、会話中心の教授法全般を指します。グアン・メソッド(サイコロジカル・メソッド)、ベルリッツ・メソッドなど。

 
 「ダイレクト・メソッドを改善した教授法」という記述が手元にある参考書いずれにも書かれていませんでした。教授法の開発年代などから推測するのでしょうか?

 とにかく答えは3です。

 

問2 TPR

 1 SAPL(Self-Access Pair Learning)
 ペアやグループで学習するコミュニケーション重視の学習法。

 2 TPR(Total Physical Response)
 全身反応教授法とも呼ばれます。アッシャーにより提唱された教授法で、母語習得過程を応用して発話よりもまず聴解力を養成し、教師の指示に対して動作を使って応答する活動を行います。

 3 CLL(Community Language Learning)
 心理学者カランがカウンセリング理論・手法を外国語学習に応用して開発した教授法です。カウンセリング手法は、学習者が誤りを犯すことへの心理的な不安を和らげるために用いられます。カウンセリング・ラーニングとも呼ばれます。また、不安軽減のため、媒介語の積極的な使用を認めています。

 4 VT法(Verbo-Tonal Method)
 言語聴覚論に基づいた教授法です。リズムやイントネーションを重視し、身体リズム運動を活用するのが特徴です。

 
 したがって答えは2です。

 

問3 サジェストペディア

 サジェストペディアは精神科医のロザノフが開発した外国語教授法です。学習者の不安や緊張などを取り除くために、教室はリラックスできるような環境作りに徹し、絵画や観葉植物が置かれ、光などにも配慮します。クラシック音楽を流しながら、さながらコンサートのような教室活動を行うのが特徴です。

 問題文の「緊張や不安を取り除き」という部分がサジェストペディアの考え方に一致します。
 したがって答えは1です。

 

問4 オーディオ・リンガル・メソッド

 オーディオ・リンガル・メソッド(Audio-Lingal Method)とは、目標言語の音声や文法構造をミムメム練習やパターンプラクティスを用いて学習し、それらを無意識に自動的に反射的に使えるようになることを目標とする教授法です。また、もともと兵士の語学訓練のために用いられたため、アーミー・メソッド(Army Method)などとも呼ばれます。

 ミムメム練習とは、新しく提示された文型や語彙を教師にしたがって正しい発音で模倣、反復する練習法です。

 パターン・プラクティスとは、特定の文型を瞬間的かつ正確に扱える力を身に付けるため、文型の一部に指示した言葉を入れる代入練習、語句を活用させる変形練習、受け答えをする応答練習、文を長くしていく拡大練習などを行います。

 
 1 教師の指示に学習者が瞬間的に答える形式で発音矯正が行われます。
 2 オーディオ・リンガル・メソッドでは特に話すことを重視しています。
 3 ミムメム練習やパターン・プラクティスは教師の指示(刺激)と学習者の反応によって行われます。
 4 オーディオ・リンガル・メソッドでは話すことを重視しています。

 したがって答えは2です。

 

問5 コミュニカティブ・アプローチ

 ウィルキンズによって提唱された「概念・機能シラバス」から発展したのがコミュニケーション重視のコミュニカティブ・アプローチです。概念・機能シラバスとは、時、量、位置などの概念、そして言語の持つ機能(依頼する、慰める、同意する、拒否する、提案するなど)に焦点を当てて構成されたシラバスのことです。

 1 場面シラバス
 2 タスクシラバス(課題シラバス)
 3 機能シラバス
 4 話題シラバス(トピックシラバス)

 したがって答えは3です。