平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題11解説

平成29年度, 日本語教育能力検定試験

問1 ら抜き言葉

 ら抜き言葉とは、一段動詞可能形「~られる」の「ら」が省略された言葉のことです。「食べられる」が「食べれる」のようになります。「~られる」には可能形の他に、受身形や尊敬語としての用法があります。これらを差別化するためにら抜き言葉が生じました。ら抜き言葉は日本語の揺れとして規範主義の立場からは誤用とみなされますが、全国的に見ると「ら」を入れるほうが少数派となっています。

  (1) まだ賞味期限切れてないから食べられるよ。(可能)
  (2) 妹にケーキを食べられた。(受身)
  (3) 昨日のケーキ、食べられましたか?(尊敬)

 
 1 切れる
 「切る」は五段動詞なのでら抜きは生じません。

 2 売れる
 「売る」は五段動詞なのでら抜きは生じません。

 3 書けれる
 「書く」は五段動詞なのでら抜きは生じません。また、このような活用はありません。

 4 考えれる
 「考える」は一段動詞で、可能形は「考えられる」です。この「ら」が省略された「考えれる」はら抜き言葉です。

 したがって答えは4です。

 

問2 さ入れ言葉

「さ入れ言葉」とは、五段動詞の使役形「せる」の直前に、不要な「さ」が挿入されている言葉のことです。

  (例)  辞書形 - 使役形 - さ入れ言葉
  (4) (五段)書く - 書かせる - 書かさせる
  (5) (五段)死ぬ - 死なせる - 死なさせる
  (6) (五段)撮る - 撮らせる - 撮らさせる

 
 選択肢1
 一段動詞の「~られる」は可能形の他に、受身形や尊敬語としての用法があります。これらを差別化するためにら抜き言葉が生じました。この選択肢はら抜き言葉の説明です。

 選択肢2
 標準語と方言が混ざったものはネオ方言ですが、この選択肢は方言が混ざり合ったものなので分かりません。

 選択肢3
 一段動詞の謙譲語、例えば「食べさせていただく」の「させていただく」の部分が謙譲語と表す形式として五段動詞にも用いられたことにより、「帰らさせていただく」となった、という意味です。本来五段動詞の謙譲語は「ない形+せていただく」で作りますので、上記の活用だと本来不要な「さ」が入れられていることになります。したがってこれはさ入れ言葉の説明です。

 選択肢4
 一段動詞の可能形「ない形+られる」の形式を五段動詞にも用いてみると、「書かられる」「飲まられる」となってしまいます。これは意味を持たない活用で間違いです。

 したがって答えは3です。

 

問3 言葉の乱れ

 根拠となるものが見つからなかったので解説を省きます。
 選択肢3は個人的に納得できる内容でした。答えは3です。

 

問4 新語・流行語

 新語とは、過去には無かった物事を言い表すために新しく創り出された単語のことです。
 流行語とは、流行した単語や言葉、フレーズのことです。

 選択肢1
 正しいです。近年であれば睡眠負債、聖地巡礼、eスポーツなどが挙げられます。

 選択肢2
 正しいです。災害級の暑さやスーパーボランティアなどのことだと思います。

 選択肢3
 流行語は流行した単語や言葉、フレーズのことで、次の世代に引き継がれるものではありません。

 選択肢4
 正しいです。お笑い芸人さんの一発ギャグなどのことです。

 したがって答えは3です。

 

問5 言葉は時代によって変わる

 この問いは、以下の2つのサイトから出題されているものです。興味深い内容がいろいろと書かれているので一読をお勧めします。
 参考:「言葉のQ&A」(まとめ) | 文化庁
 参考:言葉のQ&A – 文化庁広報誌 ぶんかる

 選択肢1 「世間ずれ」

本来の意味である「世間を渡ってきてずる賢くなっている」と答えた人が過半数でしたが,30代以下の世代では「世の中の考えから外れている」という意味で使っている人の方が多いという結果でした。
 - 文化庁 | 文化庁月報 | 連載 「言葉のQ&A」 「世間ずれ」の意味より引用

 
 選択肢2 「おもむろに」

本来の意味である「ゆっくりと」と答えた人が4割台半ばであったのに対し,本来の意味ではない「不意に」と答えた人が4割強と,僅かな差しかないという結果でした。
 - 「おもむろに」動く様子は急か – 言葉のQ&A – 文化庁広報誌 ぶんかるより引用

 
 選択肢3 「小春日和」

本来の意味とされる「初冬の頃の,穏やかで暖かな天気」と答えた人が5割強であったのに対し,「春先の頃の,穏やかで暖かな天気」と答えた人が4割強でした。また,年代によって理解の仕方に違いが見られます。
 - 「小春日和」はいつ頃の天気か。 – 言葉のQ&A – 文化庁広報誌 ぶんかるより引用

 
 選択肢4 「議論が煮詰まる」

「煮詰まる」とは,本来,議論などが結論を出す段階になることを意味する言葉です。
40代を境に,それより若い世代では「行き詰まって結論が出せない状態」,それより年配の世代では「結論の出る状態」と答えた人の割合が大きくなっています。
 - 文化庁 | 文化庁月報 | 連載 「言葉のQ&A」 議論が「煮詰まる」のは良いことか?

 
 したがって答えは1です。