平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題10解説

問1 読解

 収束的思考とは、既知の情報から論理的に思考を進めていき、唯一の早く正しく到達するための思考法。数学などで用いる。

 拡散的思考とは、既知の情報から様々な方面に考えを拡散させ、新たな考えを生み出す思考法。ブレーンストーミングなどのアイディアを生み出すときに用いる。

 文脈から見ても答えは「問題解決」です。
 したがって答えは3です。

 

問2 メタ認知

 メタ認知とは、自分自身の学習などを客観的に認知すること。

 ここでは”読解の際のメタ認知”に関する問いが出題されています。

 選択肢1
 ボトムアップ処理です。
 ボトムアップ処理 (bottom-up processing)とは、単語や音、文法などの言語知識を用いて、細かい部分から徐々に理解を進めていく言語処理方法のこと。

 選択肢2
 自分の理解度を客観的に把握しつつ読み進めるのはメタ認知と関係があります。

 選択肢3
 スキミングです。
 スキミング (skimming)とは、速読の一種で、文章の要点や全体の大意を理解するための読み方のこと。

 選択肢4
 スキャミングです。
 スキャニング (scanning)とは、速読の一種で、大量の文章から特定の情報を探し出すための読み方のこと。名簿から特定の名前を見つけたり、辞書で言葉の意味を調べるときなどに用いる読み方。スキャニングにはトップダウン処理がより必要とされる。

 したがって答えは2です。

 

問3 発話プロトコル法

 プロトコル法/プロトコル分析/発話プロトコル法とは、被験者の考えていること、思考の流れを客観的に測定する方法のこと。例えば何かしらのタスクを与え、それを遂行するにあたり、被験者が考えたこと、思ったことを常時全て発話させる。この発話した内容をプロトコル・データと呼び、その発話を分析することによって、思考の流れを解明する。

 1 発話プロトコル法です。
 2 「読んだ後に」が誤りです。プロトコル法は常時発話させます。
 3 発話プロトコル法は思考の流れを分析するもので、イントネーションを分析するものではありません。
 4 発話プロトコル法ではありません。

 したがって答えは1です。

 

問4 読解力の低い学習者の特徴

 1 暗示された情報に気付くには読解力が必要です。
 2 自分の理解が正しいかどうかをチェック・修正(モニタリング)しながら読むのは読解力が必要です。
 3 内容と既有知識を統合しながら読むのは読解力が必要です。
 4 読解力があれば、未知語は文脈から推測しながら読み進めることができるのではないでしょうか。

 したがって答えは4です。

 

問5 テクストからの学習

 テクストからの学習/テキストからの学習とは、数学の学習のように、テキストを読んでそこから新しい情報や応用可能な知識を獲得する過程のこと。

 選択肢2の「数学の参考書を読んで」がこのテキストからの学習にあたります。

 したがって答えは2です。

 参考:『テキストからの学習におけるワーキングメモリの効果
 参考:『書くことは’テキストからの学習’にどう貢献するか

 





平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説