平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題9解説

問1 行動主義心理学に基づく言語習得観

 行動主義心理学の行動主義学習理論では、学習は刺激に対する反応を繰り返すことによって習慣的に形成されると考えられています。この理論に基づいてオーディオ・リンガル・メソッドが開発されました。

 したがって答えは2です。

 

問2 対照分析仮説

 1 根本的相違仮説
 根本的相違仮説とは、幼い子どもが言葉を覚えるメカニズムと、大人が第二言語を習得するメカニズムは根本的違うものであるとする仮説です。大人が第二言語を習得する際には大きな個人差があるものの、子どもにはあまり差が見られません。

 2 分離基底言語能力モデル
 分離基底言語能力モデルとは、風船説のことです。脳内には2つの風船(言語)があり、一方が膨らむと一方が縮んでしまうように、言語も一方が強くなるともう一方は弱くなるとする考え方のことです。

 3 創造的構築仮説
 創造的構築仮説とは、学習者が第二言語を習得する際には、母語とは独立した新しい言語体系を作り上げていくという仮説です。言語体系は0から新しく作り上げられると考えられているため、母語による影響はほぼないとされています。

 4 対照分析仮説
 対照分析仮説とは、母語と第二言語の言語間の類似点・相違点を比較することによって、学習の難易度や誤りを予測することができるとする仮説のことです。また、その言語間の類似点・相違点を比較することにより特徴を明らかにしようとする研究を対照分析研究と言います。

 したがって答えは4です。

 

問3 誤り

 誤用は、ついつい間違えてしまったというタイプのミステイクと、間違えて覚えてしまっているために起こるタイプのエラーに分けられます。このうちエラーは修正がなされないとそのまま定着し、化石化する可能性があります。

 エラーはさらに、グローバル・エラー(全体的な誤り)と、ローカル・エラー(局部的な誤り)に分類されます。グローバル・エラーは相手とのコミュニケーションに大きな支障が出るものを指し、影響が少ないものをローカル・エラーと呼びます。

 エラーが起こる原因は3つあります。

①母語による影響で生じるエラー(プラグマティック・トランスファー
②母語と第二言語の差異から生じるエラー(言語間エラー
③第二言語の学習の不完全さから生じるエラー(言語内エラー

 うち、言語内エラーには過剰般化、簡略化、化石化、訓練上の転移などの種類があります。

 
 選択肢1
 過剰般化とは、文法的な規則を他のところにも過剰に適用することによって起きる言語内エラーです。例えば「安くはありません」を「安いではありません」と言うのは、な形容詞の規則をい形容詞に適当したために生じています。

 選択肢2
 言語内エラーは第二言語の学習の不完全さから生じるエラーですので、母語干渉によるエラーとは関係ありません。母語が関係するエラーにはプラグマティック・トランスファーが挙げられます。

 選択肢3
 正しいです。

 選択肢4
 教師による不適切な指導が原因で生じる学習者のエラーは訓練上の転移です。

 したがって答えは3です。

 

問4 誤用分析研究

 選択肢1
 誤用分析研究は学習者の誤用を分析して指導に生かそうとするもので、言語習得の全体像を捉えることは難しいです。

 選択肢2
 学習者を観察して得られた誤用を分析するため、それが一時的な言い間違え(ミステイク)なのか、系統的な誤用(エラー)なのかを区別するのは第三者にとって難しいことです。

 選択肢3
 選択肢2と同様、誤用分析研究は学習者を観察して得られた誤用を分析するため、使用が回避された(言われなかった)ものはデータとして取ることができません。

 選択肢4
 誤用を分析するためには多くの学習者の誤用を集める必要があり、一人を継続的に観察する縦断的観察は適切とは言えません。集団に対して横断的観察を行えばデータ数が多く得られます。

 したがって答えは4です。

 

問5 自然習得順序仮説

 自然習得順序仮説/自然順序仮説とは、目標言語の文法規則はある一定の決まった順序で習得されるとする仮説です。その自然な順序は教える順序とは関係ないとされています。

 したがって答えは2です。