平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題7解説

問1 自律学習における教師の行動

 学習者オートノミー/自律学習 (autonomous learning)とは、学習者が自分の学習を自ら管理して進めていく学習方法のこと。自分のニーズに応じて計画し、遂行する。自律学習は一人で計画し、一人で学習することではなく、他者の援助を得たり、教師や教材、教育機関などの周囲のリソースを利用して学習を進めていくこと。学習者が利用するリソースは、人的リソース、物的リソース、社会的リソースに分けられる。

人的リソース 教師、友人、クラスメイト、地域住民…
物的リソース Webサイト、動画、教科書、辞書、新聞、美術館、博物館、デパート…
社会的リソース SNS、地域社会、コミュニティ、アルバイト、職場、サークル活動、ボランティア活動…

 教師はファシリテーター(促進者)として学習そのものに参加せず、あくまで中立的な立場から活動の支援を行うようにする。また、学習者の精神的な支えとなりつつ、適切な助言を与えるカウンセラーとしての役割も求められる。

 選択肢1
 教師が与える自習課題に取り組ませるのは自律学習ではありません。

 選択肢2
 ファシリテーター、カウンセラーとして適切な助言を与えたり支援を行うことはありますが、自律学習では分からない言葉を聞かれもしないで直接教えるようなことはありません。

 選択肢3
 学習者がつけた学習日記を確認することは、計画が順調に進んでいるのかどうか、あるいは今後計画を変更する場合にも役に立ちます。

 選択肢4
 到達度テスト/アチーブメント・テスト (Achievement Test)は、学習者が一定期間内で学習したことがどれだけ定着・習得できているかを測定するテストのこと。コースの途中や終了段階で行う。

 自律学習では学習者によって個別の計画(シラバス)が用意されるので、それに基づいたテストをいちいち教師が作成するのは現実的ではありません。また、教師からテストを受けさせるのは自律学習と言えません。

 したがって答えは3です。

 

問2 自律学習における教師の役割

 上述の通り、答えは1です。

 

問3 自律学習を支援するシステムの構築の際に教師が行うこと

 1 学習者の計画を作る際に利用できます。
 2 学習シラバスは教師が設定するものではなく、学習者と決めるものです。
 3 人的リソースである友人やクラスメートとのネットワークは構築すべきです。
 4 カウンセラーの立場として、学習者とコミュニケーションをとるために開設すべきです。

 したがって答えは2です。

 

問4 リソース

人的リソース 教師、友人、クラスメイト、地域住民…
物的リソース Webサイト、動画、教科書、辞書、新聞、美術館、博物館、デパート…
社会的リソース SNS、地域社会、コミュニティ、アルバイト、職場、サークル活動、ボランティア活動…

 したがって答えは4です。

 

問5 様々な自律学習

 1 学習者を支援するために、学習の進捗状況を知ることは教師にとって必要です。
 2 コースの内容、シラバスの内容は教師と学習者によって決められます。
 3 SNSは社会的リソースとして、利用することが推奨されます。
 4 自律学習において、教師が主体的に授業を行うことはありません。

 したがって答えは4です。

 





平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説