平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題13解説

平成28年度, 日本語教育能力検定試験

 フェイスときたら、ポライトネス理論で用いられる概念です。

 ポライトネス理論とは、会話において両者が心地よくなるよう、あるいは不要な緊張感がないように配慮するなど、人間関係を円滑にしていくための言語活動のことで、人はお互いのフェイスを傷つけないように配慮を行いながらコミュニケーションを行っているとする理論です。ブラウンとレビンソンによって提唱されました。

 フェイスとは、人と人の関わり合いに関する欲求のことです。そのうち共感・理解・好かれたいことを望む欲求をポジティブ・フェイスといい、邪魔されたくない、干渉されたくないという自由を望む欲求をネガティブ・フェイスといいます。フェイスはポライトネス理論の鍵となる概念です。

 

問1 フェイス

 フェイスは、人と人の関わり合いに関する欲求のことです。
 したがって答えは1です。

 

問2 ポライトネス理論

 1 談話管理理論
 不明

 2 発話行為理論
 オースティンによって提唱された、発話と発話意図が伝わるメカニズムに関する理論のことです。発話によって得られる行為を、発語行為、発語内行為、発語媒介行為の3段階に分けました。

火災が発生した現場にて①ある人が「火事だ!」と叫び、②他の人に対して「逃げろ!」という警告を伝え、③その警告が伝わり、聞き手が実際に逃げようとする。

 発語行為とは、①のような発話そのものを指します。
 発語内行為とは、②のように発話によって聞き手に発話意図を伝えようとすることです。
 発語媒介行為とは、③のように発話意図が伝わって実際に行動を起こすことです。

 
 3 ポライトネス理論
 ポライトネス理論については上述の通りです。

 4 アコモデーション理論
 相手によって話し方が変わることをアコモデーションと言います。相手の言語能力によって話し方を変えるフォリナートーク、赤ちゃんに対する話し方のベビートーク、さらには世代間のギャップを無くそうとわざと若者言葉を使って年下の人々に受け入れられようとすることもアコモデーションの一種です。

 
 したがって答えは3です。

 

問3 ポジティブフェイス

 ポジティブフェイスとは、共感・理解・好かれたいことを望む欲求のことです。

 1 相手を非難するときに「私が悪いのかな?」と聞く。
 「かな?」と曖昧な表現をすることによって、相手の申し訳ない、自分は悪くない、逃げたいというネガティブフェイスに対して配慮しています。

 2 相手の壊したものを「壊れちゃったかも」と言う。
 「かも」と曖昧な表現をすることによって、相手のネガティブフェイスに対して配慮しています。

 3 相手の髪型の変化について話題にする。
 好かれたい、共感されたいという相手の欲求を満たそうとするために髪型の変化について話題にしています。これは相手のポジティブフェイスに対する配慮です。

 4 相手が断りやすい表現で飲み会に誘う。
 相手が断りたいというネガティブフェイスがあるときのために、あえて断りやすい表現で飲み会に誘っています。これは相手のネガティブフェイスに対する配慮です。

 したがって答えは3です。

 

問4 フェイスへの配慮よりも伝達が優先される例

 選択肢3は危険が差し迫っている場面で、フェイスへ配慮するよりも伝達が優先される場面と言えます。
 したがって答えは3です。

 

問5 FTAの度合い

 FTA(Face Threatening Act)とは、ポジティブフェイスとネガティブフェイスを脅かすような行為のことです。FTAの度合い(フェイス侵害の度合い)は、このような公式で表されるようです。

Wx=D(S, H)+P(S, H)+Rx

 Wx=ある行為xが相手のフェイスを脅かす度合い
 D(S, H)=話し手と聞き手との社会的距離
 P(S, H)=聞き手と話し手の相対的権力
 Rx=ある行為xの、特定の文化における押し付けがましさの程度の絶対的な順位付け

 両者の地位や権力に差があり、その行為の押しつけがましさが高いほど、相手のフェイスを侵害する可能性が高くなります。

 したがって答えは4です。

 参考:ポライトネス – Wikipedia

2019年7月18日平成28年度, 日本語教育能力検定試験