平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題11解説

問1 方言

 言語変種とは、同一言語内の異なった言語形式のことで、地域差による言語体系の地域方言性差、年齢、階層差、階級差、職業などの社会的な属性(位相)の違いによる言語体系の社会方言(位相語)に分けられます。幼児語、若者言葉、専門用語、隠語などが位相語に含まれます。

 1 階層方言
 「階層方言」という言い方は存在しないと思います。

 2 社会方言
 社会方言とは、性差、年齢、階層差、階級差、職業などの社会的な属性(位相)の違いによる言語体系のことです。文章中で「年齢や性差」と書かれています。

 3 ネオ方言
 ネオ方言とは、標準語と方言の混淆形式として生まれた中間的な言い方のことです。方言の「けーへん」、標準語の「こない」が混淆して「こーへん」となるのが代表的な例です。

 4 新方言
 新方言とは、若い人が方言から取り入れた標準的ではない言い方を使う現象のことです。

 したがって答えは2です。

 

問2 若者言葉

 若者言葉は、社会方言(位相語)に含まれる言語形式の違いです。若者の間で日常的に使用される俗語・スラングのことで、それ以外の世代ではあまり用いられません。

 1 人に聞かれて都合が悪いことを隠すため
 使用例が思い付かなかったのですが、そういう場面で使うこともあると思います。

 2 マイナス評価の語の印象を冗談めかして和らげるため
 本当にそうは思っていなくても、手拍子で「きもっ」や「うざっ」と言って場を盛り上げたり和ませたりする使い方があります。おそらくそれらのことでしょう。

 3 感覚よりも理性に訴えるため
 理性的な場面で若者言葉はあまり使われないのではないかと思います。むしろ理性よりも感覚に訴えるために用いられるはずです。

 4 会話に笑いを生じさせて楽しむため
 「やばい」の連呼で何がやばいのか、プラスの意味で用いられているのか、マイナスの意味で用いられているのか判然としない場合、一種の笑いが生じるケースがあります。このような使用例のことでしょうか。

 したがって答えは3です。

 

問3 集団語

 集団語とは、ある特定の専門家や仲間内だけで通じる言葉や言い回しや専門用語のことです。

 1 ダイクシス
 ダイクシス(直示)とは、発話現場にいなければ意味が成立しない性質のことを言います。直示とも呼ばれます。例えば「これは美味しい」と言う時、その場にいる人は「それ」が何を指しているか理解できるものの、その場にいなければ「それ」が何なのかを特定することはできません。このような性質のことです。
 集団語とは関係ありません。

 2 スラング
 スラングは俗語の英訳です。教養としてあつかわれない言葉一般のことを指し、改まった場面で用いられない品のない言葉として定義されます。若者言葉などがこれにあたります。
 ある特定の集団内で使われる言葉という観点から見ると、スラングも集団語に含まれます。

 3 職業語
 職業語とは、同一の職業集団の中でのみ使われる特殊な言葉のことです。
 ある特定の集団内で使われる言葉という観点から見ると、職業語も集団語に含まれます。

 4 術語
 術語とは、学術用語の略で、学問に関する事柄を記述するために用いられる専門用語のことです。集団語に含まれます。

 したがって答えは1です。

 

問4 隠語

 隠語とは、他人に分からないよう、特定の仲間内だけで通じるようにした言葉のことです。

 1 外来語
 2 隠語
 3 外来語
 4 以前は若者言葉として定着したが、今では標準的。

 したがって答えは2です。

 

問5 役割語

 特定の人物像を想起させる言葉とは、役割語のことです。「わし」という言葉には老人のイメージが含まれることが例として挙げられます。ただし、「~なんじゃ」や「~わよ」のように、実際の言語活動にはほとんど見られない表現があります。これらは一般的にドラマ、映画、小説などのフィクションにおいて、聞き手に登場人物のイメージを膨らませるために用いられます。

 1 知的階級の男性
 2 武士
 3 江戸の遊女 「あちき」とも言います。 
 4 東京下町の婦女や小児

 したがって答えは1です。