平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題10解説

問1 臨界期仮説

 臨界期仮説とは、レネバーグによって提唱された母語習得に関する理論で、言語習得には臨界期が存在し、ある年齢を過ぎると母語話者のような言語能力を習得するのは難しいとする仮説です。この臨界期は思春期の12歳~13歳頃とされています。

 したがって答えは4です。

 

問2 リキャスト

 誤用訂正の方法には、明示的フィードバックと暗示的フィードバックの2種類があります。
 明示的フィードバックは、学習者がした誤用を直接はっきりと示して訂正する方法のことです。
 暗示的フィードバックとは、自然な応答の中でさりげなく訂正する方法のことです。リキャストとも言います。

 1 誤りの存在を直接知らせていますので、明示的フィードバックです。
 2 会話の流れを保ったまま訂正するのはリキャストです。
 3 間違えた表現を繰り返して誤りの存在を知らせていますので、明示的フィードバックです。
 4 「えっ」と聞き返すことで誤りの存在を知らせていますので、明示的フィードバックです。

 したがって答えは2です。

 

問3 バイリテラル

 バイリテラルとは、二言語の四技能「聞く」「話す」「読む」「書く」ができることです。

 したがって答えは1です。

 

問4 氷山説と学習言語能力

 敷居仮説/閾仮説とは、カミンズにより提唱された、バイリンガルの程度と認知との関係性をまとめた仮説のことです。
 二言語を年齢相応の母語話者レベルで使用できる均衡バイリンガルの場合は認知上プラスの影響を与え、両言語とも十分なレベルにまで達していない限定的バイリンガルの場合は認知上マイナスの影響を与えるとされます。その中間に位置する、二言語のうち一方のみが年齢相応のレベルまで達している偏重バイリンガルの場合は、モノリンガルと同様、認知上プラスにもマイナスにもならないとされています。

 また、カミンズはバイリンガルの言語能力について風船説と氷山説を示しました。
 風船説とは、脳内には2つの風船(言語)があり、一方が膨らむと一方が縮んでしまうように、言語も一方が強くなるともう一方は弱くなるとする考え方のことです。
 氷山説とは、2つの言語はそれぞれ同じ基底部分を共有しているとする考え方のことです。

 生活言語能力(BICS)とは、生活場面で必要とされる言語能力のことです。コンテクストの支えがあるので認知的な負担が少なく、2年ほどで習得可能とされています。
 学習言語能力(CALP)とは、教科学習などで用いられる抽象的な思考や高度な思考技能のことです。学習の場面では低コンテクストの状態になるため、認知的な負担が大きくなります。習得には5~7年必要だとされています。

 
 この問題は難しいです。
 自分でも納得できるものがありませんので、答えだけ示すことにします。

 答えは3です。

 

問5 最近接発達領域(ZPD)

 子どもは突然何かできるようになるわけではなく、「できない」と「できる」の間には中間的な段階が存在するとヴィゴツキーは提唱しました。例えば自転車を乗りこなせるようになる過程において、周囲の大人がアドバイスをしたり、後ろを支えてもらったりします。このように子どもが他人からアドバイスやサポートを受けて何かできるようになっていく段階最近接発達領域/発達の最近接領域(ZPD)と呼びます。
 また、できるようになるために第三者がする手助けのことをスキャフォールディングと呼びます。

 1 「見守る」の部分が間違いだと思われます。
 2 最近接発達領域の説明として正しいです。
 3 関係のない選択肢です。
 4 関係のない選択肢です。

 したがって答えは2です。