平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A解説

 平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A
 A【否定の形態と意味】

 

(1)否定の意味を持たない「ない」

 この問題を見たときに真っ先に思い付いたのは「極まる/極まりない」です。「ない」があるものの、両者意味は同じという不思議な言い方です。「ない」には否定を表すものと、強調を表す「ない」があります。強調を表す「ない」は、例えば「極まりない」「満遍なく」などがあります。
 参考:【N1文法】~極まる/~極まりない

 1 せわしない = せわしい
 2 ありえない ≠ ありえる
 3 さえない ≠ さえる
 4 かかわらない ≠ かかわる

 「ない」を取り除いて辞書形を見てみたときに、2、3、4は真逆に意味が変わりました。これは「ない」が否定の意味として使われていたためです。
 しかし1「せわしい」と「せわしない」は同じ意味です。よってこの「ない」は強調を表す用法ということになります。

 したがって答えは1です。

 

(2)呼応

 呼応とは、先行する一定の語に応じて後ろに特定の語形が来ることです。例えば「決して~ない」「もし~なら」「とうてい~ない」などの組み合わせのことです。

 各選択肢の「ない」に呼応する語があるかどうかを見ていきます。

 1 ~も~ない ⇒ ✕一人もいる
 2 いつも~ない ⇒ ◯いつも来る
 3 絶対に~ない ⇒ ◯絶対に行く
 4 ほとんど~ない ⇒ ◯ほとんど読んだ

 2~4は肯定形でも使えるため、「ない」が呼応するわけではありません。したがって文法的制限はありません。
 しかし1は必ず「ない」が呼応します。

 したがって答えは1です。

 

(3)「動詞+ない」と「形容詞+ない」の言語的役割

 「動詞+ない」と「形容詞+ない」の「ない」は、いずれも否定を表しています。しかし品詞が異なります。

 補助形容詞とは、他の語の後に続いてその意味を限定する働きをする語のこと。例えば、「高くない」「綺麗ではない」の「ない」がこれにあたり、「高い」「綺麗」という状態を否定する働きを持つ。一方、「食べたくない」のように動詞につく「ない」は補助形容詞ではなく助動詞で、品詞が異なる。補助形容詞には、「食べてほしい」のような「ほしい」も含まれる。

 動詞の場合、肯定形と否定形は行為の成立不成立という対を表します。

  (1) 食べる(食べるという動作が成立)
  (2) 食べない(食べるという動作が不成立)

 動詞以外の場合、肯定形も否定形もその状態が成立していることを表します。

  (3) 美しい(美しいという状態が成立)
  (4) 美しくない(美しくないという状態が成立)
  (5) 食べたい(食べたいという願望が成立)
  (6) 食べたくない(食べたくないという願望が成立)

 したがって答えは3です。

 

(4)「まい」

 「~まい」には否定推量(~ないだろう)と否定意志(~ないつもり)の用法があります。

  (7) こんな悪天候では外出する人もあるまい。(そんな人はいないだろう)
  (8) 忘れはすまい。(忘れることはないだろう)
  (9) もう二度と行くまい。(行かないつもりだ)
  (10) もう手離したりするまい。(手離すつもりはない)

 したがって答えは3です。

 

(5)否定の意味を表す接頭辞

 1 低価値 : 価値が低い
 2 反作用 : 作用が反対
 3 誤変換 : 変換を誤る
 4 未完成 : 完成していない

 4が否定を表しています。
 したがって答えは4です。

 





平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説