平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(4)解説

 平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(4)は【逆接の意味】の問題です。

 逆接とは、前項の条件に対して予期しない結果が現れることを後件で示す表現です。つまり後項では前項と反対のことが述べられます。ところが逆接表現には逆接の意味だけではなく、感嘆を表す用法もあります。

 例えば「しかし、これ美味しい料理だなあ。」のような使い方です。この時は逆接としての意味はなく、「それにしても」「実に」「本当に」等という意味になります。

 これを踏まえて選択肢に含まれる逆接表現を見ていきます。

 1 逆接表現
 2 逆接表現
 3 逆接表現
 4 感嘆表現
 5 逆接表現

 1、2、3、5は前項と反対のことが後項で述べられる逆接表現です。
 5はやや逆接の意味は含まれているものの、「本当に」「それにしても」に言い換えることができますので感嘆表現と言えます。

 したがって答えは4です。
 





平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説