日本語の受身文の種類

 「彼は先生に褒められた」や「この建物は500年前に建てられた」のように、助動詞「れる」「られる」を用いて表現された文を受身/受動態といいます。受身文では動詞の受身形が使われ、五段動詞は「ない形+れる」、一段動詞は「ない形+られる」、カ変動詞は「来られる」、サ変動詞は「される」で表します。

 受身文は大きく2種類に分けられます。直接受身間接受身

 

直接受身

 直接受身は直接対応する能動文がある受け身文で、能動文における目的語を主語にするものです。英語の受身文に相当するため、英語話者にとって分かりやすい形式です。

直接受身文 対応する能動文
(1) 彼は 先生に 褒められた。 先生は 彼を 褒めた。
(2) 私は 上司に 叱られた。 上司は 私を 叱った。
(3) 彼女は あの男に 殴られた。 あの男は 彼女を 叱った。

 このように受身文を能動文に言い換えることができれば、それは直接受身に分類されます。直接受身自体に迷惑の意味はなく、迷惑の意味があるかどうかは動詞の意味によります。

 そのうち主語が非情物(物や事)であるものは非情の受身といいます。通常動作主は省略されます。

非情の受身文 対応する能動文
(4) オリンピックは 4年に 一度 開催される。 4年に 一度 オリンピックを 開催する。
(5) 金閣寺は 足利義満によって 建てられた。 足利義満は 金閣寺を 建てた。
(6) 壁が 何者かによって 壊された。 何者かが 壁を 壊した。

 

間接受身

 間接受身は間接的に悪影響を被るものを主語に立てる表現です。通常主語は人間となり、主語から見て迷惑と感じることを表します。直接受身とは異なり、対応する能動文もなく、英語にも訳しにくい形式です。

 間接受身も2種類に分けられます。持ち主の受身迷惑の受身です。

 

①持ち主の受身(所有の受身)

 主語の身体的部位や所有物を目的語とする他動詞の受身形を持ち主の受身といいます。所有の受身とも呼ばれたりします。

持ち主の受身文 対応する能動文
(7) 彼女に 足を 踏まれた。
(8) 財布を 盗まれた。
(9) 庭の木を 切られた。

 

②迷惑の受身(被害の受身)

 主語から見て迷惑と感じるものは迷惑の受身です。被害の受身とも呼ばれたりします。

迷惑の受身文 対応する能動文
(10) 彼女に 日記を 見られた。
(11) 南側に ビルを 建てられた。
(12) 妹に ノートを 破られた。

 迷惑の受身の中には、自動詞が受身となるものがあります。これらは自動詞の受身と呼ばれます。これは日本語特有の表現だと言われています。

自動詞の受身文 対応する能動文
(13) 赤ちゃんに 泣かれた。
(14) 雨に 降られた。
(15) 子どもに 死なれた。




日本語教育能力検定試験 解説