平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(2)解説

 平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(2)は【漢字の読み方】の問題です。

 混種語に関する問題です。混種語とは、異なる言語(和語、漢語、外来語)に由来する二つ以上の要素が結合してできた単語のことです。

 1 和語+和語(訓+訓)
 2 漢語+和語(音+訓) 重箱読み
 3 漢語+和語(音+訓) 重箱読み
 4 漢語+和語(音+訓) 重箱読み
 5 漢語+和語(音+訓) 重箱読み

 2~5のように音読み+訓読みで構成されているものを重箱読みと言います。一方ここでは出題されませんでしたが、訓読み+音読みで構成されているものを湯桶読みと言います。

 1だけ訓+訓ですので、答えは1です。





平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説