平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C解説

 平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C
 C【語順】

 

(12)動詞によって変わる語順

 1 「借りる」
 通常は「ガ格-ニ格」の語順です。
  (1)△彼女に 彼が お金を 借りる。
  (2)◯彼が 彼女に お金を 借りる。

 2 「変える」
 「ヲ格-ニ格」が一般的な語順です。
  (3)✕力に 悔しさを 変える。
  (4)◯悔しさを 力に 変える

 3 「行く」
 通常は「ガ格-ニ格」の語順です。 
  (5)△学校に 息子が 行く。
  (6)◯息子が 学校に 行く。

 4 「壊す」
 通常は「ガ格-ヲ格」の語順です。
  (7)△窓ガラスを 子供が 壊す。
  (8)◯子供が 窓ガラスを 壊す。

 したがって答えは2です。

 

(13)副詞的な要素の語順

 アスペクト(相)とは、ある動作や出来事がどの局面にあるかを表す文法形式です。
 テンス(時制)とは、その動作や出来事が、発話時点と時間的にどのような関係(過去・現在・未来)にあるかという文法的概念です。
 モダリティとは、その文の命題に対する話し手の主観的な認識や判断を表す部分を指し、ムードとも呼ばれます。

 平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3B解説の(10)にも関連した問題があり、「ゆっくり」「次々と」などの副詞は、述語のアスペクトの解釈を変更することができます。

 副詞的なモダリティ … たぶん、おそらく、あいにく、どうやら…
 副詞的なテンス … さっき、ただいま…
 副詞的なアスペクト … ゆっくり、次々と、たった今、だんだん…

 これら3つを比較したときに、副詞的なモダリティが先に来ます。

  (9) おそらく彼はさっき帰ってきたばかりだと思う。
  (10) たぶん、これからだんだん上達していくはずだ。

 したがって答えは4です。

 

(14)数量詞の位置で変わる意味

 文章中には「数量詞は名詞を修飾する場合と、動詞を修飾する場合がある」と書かれています。各選択肢に含まれる数量詞の修飾する対象を変えてみて、意味が変わるかどうかを見てみます。

 1 2000ccの車を買った。
 数量詞「2000cc」は名詞を修飾していますので、動詞を修飾する形に変えてみると「車を2000cc買った」になります。意味が変わるどころか、意味が分からなくなりました。

 2 50段の階段を上った。
 数量詞「50段」は名詞を修飾していますので、動詞を修飾する形に変えてみると「階段を50段上った」になります。前者は50段しかない階段を上りきったことを表すのに対し、後者は50段だけ上ったものの、上りきったのかどうかは分かりません。明らかに意味が変わっていると言えます。

 3 息子の身長が3cm伸びた。
 数量詞「3cm」は動詞を修飾していますので、名詞を修飾する形に変えてみると「3cm息子の身長が伸びた」になります。意味は変わりませんでした。

 4 彼は子どもが5人いる。
 数量詞「5人」は動詞を修飾していますので、名詞を修飾する形に変えてみると「彼は5人の子供がいる」になります。意味は変わりませんでした。

 したがって答えは2です。

 

(15)基本語順の特徴

 1 接続表現や応答表現は、自由に語順を変えられる傾向がある。
 接続表現とは、だから、それで、そのため、ところで、さて、しかし、けど、でも、それに、また等のことで、応答表現とは、はい、いいえ、いや、そうです、うん、ええ、ああ等のことです。自由に語順を変えられるかどうか見ます。

  (11) 風邪を引きました。だから明日は学校を休みます。
  (12)✕風邪を引きました。明日はだから休みます。
  (13)✕風邪を引きました。明日は学校をだから休みます。
  (14) 「一緒に行きませんか?」-「はい、私も行きたいです。」
  (15) 「あなたが田中さんですか?」-「いいえ、違います。」

 接続表現の語順は自由に変えられるということは無さそうです。文と文の接続に用いるため、基本は後項の頭に置かれます。応答表現も文頭で用います。語順を自由に変えることは難しいです。

 
 2 指示表現を伴う名詞句は、基本語順で現れる位置よりも後に位置する傾向がある。
 指示表現とは、ここ、これ、こちら、そこ、それ、そちら、あそこ、あれ、あちら等のことです。これらを含む名詞句の語順を調べてみます。

  (16)◯私は 彼に この本を 返す。
  (17)◯私は この本を 彼に 返す。
  (18)◯コップを その机の上に 置いてください。
  (19)◯その机の上に コップを 置いてください。

 指示表現を伴う名詞句は語順に対して影響を与えないようです。

 
 3 名詞を修飾する要素が複数あるとき、長いものがより前に位置する傾向がある。

  (20)◯授業とは関係のない 日常生活の 長い 話を聞かされた。
  (21)△日常生活の 長い 授業とは関係のない 話を聞かされた。
  (22)✕長い 日常生活の 授業とは関係のない 話を聞かされた。

 日本語では、名詞を修飾する要素が複数あるときは「長いものがより前にくる」傾向があります。

 
 4 主題の「は」でマークされた要素は、述語の直前に位置する傾向がある。

  (23)◯彼は友人と公園へ行きます。
  (24)△友人と公園へ彼は行きます。
  (25)◯象は鼻が長い。
  (26)✕鼻が象は長い。

 格助詞は通常主題の「は」と述語の間に置かれますので、主題の「は」が述語の直前に位置する傾向はありません。また、(25)はハガ構文ですので、このような固定的な用法では位置を変えることはできません。

 したがって答えは3です。