平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3B解説

 平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3B
 B【語構成】

 

(6)単純語と合成語

 1 畳語 (geminate word)
 2つ以上の形態素からなる合成語のうち、自由形態素の反復からなる語のこと。人々、我々、日々、時々、寒々、山々、早々、細々、知らず知らず、いろいろ、きらきら、ねばねば…

 2 合成語 (complex word)
 語構成において2つ以上の形態素からなる語のこと。「草花」「焼き肉」「取り出す」「走り切る」「暑苦しい」「お金」「人々」など。組み合わされた形態素の種類や特徴によって、更に複合語、派生語、畳語に分けられる。

 3 抱合語 (polysynthetic language)
 言語類型論における形態論の特徴に基づいた言語の分類の一種で、特に動詞に他の意味的または文法的な要素が接続され、語だけで文に相当する意味を表現することができる言語のこと。アイヌ語など。

 4 混種語
 2つ以上の和語、漢語、外来語の組み合わせからなる複合語のこと。和語+漢語は湯桶読み、漢語+和語は重箱読みと呼ばれる。

 
 単純語と対になるものは合成語です。
 単純語 (simplex word)とは、語構成において一つの形態素からなる語のこと。「海」「空」「山」「風」「火」など。単純語の形態素は常に自由形態素である。

 したがって答えは2です。

 

(7)[名詞+名詞]の複合語

 [名詞+名詞]の形をとっている複合語には、特殊な意味に変化しているものがあるそうです。

 1 魚釣り → 魚を釣る。
 2 値上げ → 値を上げる。
 3 箸置き → 箸を置くための小物。
 4 人助け → 人を助ける。

 1、2、4は、前項が後項動作の対象となっています。
 しかし3は「箸を置く」という意味ではなく、箸を置くときに箸が転がったり、箸の先端が他のところに接触するのを防ぐために使用されるものを指します。物置き、小物入れなども同じように、特殊な意味に変化している複合語です。

 したがって答えは3です。

 

(8)造語法

 「サボる」は、フランス語の「サボタージュ(sabotage)」を略した「サボ」を動詞化した語です。省略した後に接尾辞「る」を付加することで作られています。これが「サボる」の造語法です。

 1 英語の「メモ(memo)」の動詞化した語。
 2 英語の「デコレーション(decoration)」を略した「デコ」を動詞化した語。
 3 英語の「ハーモニー(harmony)を略した「ハモ」を動詞化した語。
 4 英語の「ネグレクト(neglect)」を略した「ネグ」を動詞化した語。

 2~4は省略した後に接尾辞「る」を付加する方法です。しかし1は省略せずにそのまま接尾辞「る」を付加する方法です。
 したがって答えは1です。

 

(9)連濁

 連濁とは、複合語で後部要素の語頭子音が濁音化する日本語の変音現象。後部要素の語頭の無声子音が母音(有声音)に挟まれた時に、隣りの音に同化するために生じる。ただし、以下の場合は生じにくくなる。

漢語や外来語の場合は起きにくい
前部要素と後部要素が意味的に並列関係である場合は起きにくい
複合語の後部要素にもとから濁音が含まれている場合は起きにくい

 参考:日本語の変音現象について - 連濁(れんだく)

 
 1 和語は連濁しやすいが、外来語はほとんど連濁しない。
 正しいです。

 2 外来語は連濁することもあるが、漢語は連濁しない。
 外来語は連濁することもありますが、漢語は「連濁しない」と断定している点が気になります。稀ながら漢語も連濁することがあります。よって間違いです。

 3 前後の母音に、無声子音が同化するために連濁する。
 後部要素の語頭の無声子音が母音(有声音)に挟まれた時に、隣りの音に同化するために連濁します。よって正しいです。

 4 二つの要素で一語化していることを示す。
 連濁にはその複合語を一つの語として聞こえやすくする効果があります。よって正しいです。

 したがって答えは2です。

 

(10)ライマンの法則

 ライマンの法則とは、複合語の後部要素にもとから濁音が含まれている場合、連濁は起きにくいという法則のこと。「縄梯子」などの例外がある。

 1 鳩時計
 後部要素「時計(とけい)」には濁音が含まれていませんので、ライマンの法則とは関係ありません。

 2 口癖
 後部要素「癖(くせ)」には濁音が含まれていませんので、ライマンの法則とは関係ありません。

 3 帰り支度
 後部要素「支度(したく)」には濁音が含まれていませんので、ライマンの法則とは関係ありません。

 4 縄梯子
 後部要素「梯子(はしご)」には濁音が含まれていますので、ライマンの法則によると連濁は発生しないはずです。
 しかし実際は「なわばしご」になり連濁が発生しています。これがライマンの法則の例外です。

 したがって答えは4です。

 

(11)連濁しにくい状況

 1 前項動作が後項動作と並列の関係になっている場合
 「山」と「川」は複合語を作ると、「山川(やまかわ)」となり連濁は発生していません。「読み書き」「飲み食い」「好き嫌い」も同じです。
 上述したように、前部要素と後部要素が並列の関係のとき連濁は発生しにくくなります。

 2 前項が後項動作の対象を表している場合
 「白髪染め」は「白髪を染める」のように、前項が後項動作の目的語となっています。
 このケースは連濁する場合が多いようです。

 3 前項が後項動作の手段や道具を表している場合
 「足踏み」は「足で踏む」のように、前項が後項動作の手段を表しています。
 このケースは連濁する場合が多いようです。

 4 前項動作が後項動作の様態を表している場合
 「流れ星」は「星が流れる」のように、前項が後項の様態を表しています。
 このケースは連濁する場合が多いようです。

 したがって答えは1です。





平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説