2019年度, 日本語教育能力検定試験 解説

問1 東京方言

 選択肢1
 連濁とは、複合語で後部要素の語頭子音が濁音化する現象です。後部要素の語頭の無声子音が母音(有声音)に挟まれた時に、隣りの音に同化するために連濁します。ゴミ箱、重箱、空箱、香箱、小箱など ...

2019年度, 日本語教育能力検定試験 解説

問1 他動詞文

 他動詞とは、目的語をとる動詞のこと。意志を持って行われる動作を表す。他動詞は動作主が目的語に対して何らかの影響を及ぼしたり、物を変化させる性質を持つ。

 他動詞は一般に「ヲ格を取る動詞は他動詞 ...

2019年度, 日本語教育能力検定試験 解説

問1 法務省告示日本語教育機関

 問題は2018年(平成30年)8月時点の法務省告示日本語教育機関の数ですが、「平成30年度国内の日本語教育の概要」によると、法務省告示機関は506機関(2018年11月1日時点)となってい ...