私の教案!

 2週間ほど前に熊本で大きな地震が発生しました。あの日はインターネットのニュースのほとんどはこの話で持ち切りになり、翌日の授業の時には学生から「日本の地震は大丈夫ですか?」とたくさん聞かれたりしました。ここ中国では地域にもよりますが、地震を経験したことがあるという人はほとんどいません。そのため地震に恐怖を感じていたり、どんな感じなのか興味がある学生が多かったです。

 まずは熊本地震の被害状況から説明し、3.11の時の私の経験も交えながら話しました。内容が内容だけに、空気が重くなり過ぎないよう要所に笑い話を加えられれば良いと思います。

 話したのは以下の内容。

 ①熊本地震の被害状況
 学生たちは、震度7が来ても死者が2桁で留まる日本の防災意識の高さにビックリしていました。建物の強度に関しても感心していて、2008年の四川の大地震と比べて話す学生も多くありませんでした。

 ②緊急地震速報

 日本のアニメやドラマをよく見る学生なら一度は目にしたことがあるであろう緊急地震速報のテロップ。それだけではなく、地震が発生する直前に携帯が鳴ったり、エリアメールで災害情報を共有したりできる日本の防災システムを紹介しました。

 ③3.11の話
 停電したり断水したりはもちろん、当時携帯電話はほぼ使えなかったことや、コンビニの混雑具合など紹介。津波や原発事故があった沿岸沿いでは火事場泥棒が多発したことも教えました。

 ④地震が来ても安全な場所(ガソリンスタンド・神社等)
 ガソリンスタンドは危険物を扱う場所であることから、防災面の要求が非常に高く、一般にこの上なく安全な場所だとされている点。また、3.11の時に神社まで津波が到達しなかったことから、神社などの神聖な場所は先人の経験や知恵に基づいて安全な場所に建てられているのではないかという、ちょっと不思議なお話も紹介。

 ⑤避難訓練
 避難訓練では「おはしも」という原則がある事を教えました。教える前に、中国の避難訓練はどうやってやるのかを聞きましたが、ほとんどは急いで走って逃げると答えていてびっくりです。また、学校の3階などに設置されている脱出用のシューターの存在なども非常に盛り上がりました。

 地震だけでかなりのボリュームがある内容になります。

私の教案!

 教科書の単語に「くしゃみ」があり、そこから派生させて雑談してみたところ結構盛り上がりましたので紹介します。

 口に関係する現象(?)をまとめて紹介してみました。

 くしゃみ 打喷嚏
 せき 咳嗽
 しゃっくり 打嗝
 げっぷ 打嗝
 あくび 哈欠

 一つずつ紹介して実演します。くしゃみや咳、あくびは誰でも簡単にできますが、しゃっくりとげっぷは意図的にしにくいだけに難しく、すごく盛り上がります。女性にやってもらうのは個々人の性格と相談したほうがいいですが、もし元気な男子学生がいれば、一緒にやってもらうといいです!

 「しゃっくり」と「げっぷ」は中国語で同じ表現を使うそうです。なんか不思議ですよね。「げっぷ」を説明する時、学生の机に炭酸飲料があれば「コーラを飲んだ時に口から出るもの」と説明すればより理解してくれます。

 少々汚い話ですが、このくらいのほうが実際ウケはいいんですよね。

 追記
 くしゃみ (風邪の時)
 せき (咳)
 しゃっくり (食べ過ぎた時)
 げっぷ (コーラ飲んだ時)
 あくび (眠い時)

私の教案!

 車の免許証もまた興味津々で見てくれます。中国のものは小さい本のような形になっていて、カード型の日本とは異なります。カードを横切るラインの色が緑か青か金かによっての違い、この免許ではどの種類の車が運転できるのか、車種の法律的区別など教えます。

 免許は実際に学生に渡して見せます。私も初めて見せた時は全く気にしなかったんですが、免許の裏には「もし事故で脳死したり死んだときに臓器提供をするか」の意思表示する欄があります。学生はこの点に興味を持っていました。臓器提供するかしないかについて、教室で話してみても面白そうですね!