平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説

 調音法とは、口腔内における呼気の妨害の方法のことです。

 1は無声 両唇 摩擦音
 2は無声 硬口蓋 摩擦音
 3は無声 歯茎 摩擦音
 4は有声 歯茎 弾き音
 5は無声 歯 摩擦音 ...

平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説

 平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(1)は【調音点】の問題です。
 調音点とは、子音の調音に際して声道内で空気の流れを妨げる場所のことを指します。

 1は無声 硬口蓋 摩擦音
 2は無声 ...

平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説

問1 臨界期仮説

 臨界期仮説とは、レネバーグ (Lenneberg)によって提唱された母語習得に関する理論で、言語習得には臨界期が存在し、ある年齢を過ぎると母語話者のような言語能力を習得するのは難しいとする仮説。この臨界 ...