平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説

問1 臨界期仮説

 臨界期仮説とは、レネバーグ (Lenneberg)によって提唱された母語習得に関する理論で、言語習得には臨界期が存在し、ある年齢を過ぎると母語話者のような言語能力を習得するのは難しいとする仮説。この臨界 ...

平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説

問1 スキミング

 スキミング (skimming)とは、速読の一種で、文章の要点や全体の大意を理解するための読み方のこと。

 選択肢3の「大意を把握する」という部分がスキミングの特徴です。
 したがっ ...

日本語教育能力検定試験 解説

 突然ですが、日本語の「ん」を普通に発音してみてください。

 んー、んー

 何度も試してみたら分かると思いますが、口蓋垂(のどちんこ)で呼気を塞いで、その空気を鼻から出して発音しているはずです。この発音はIPA ...