私の教案!

 今回は日本語で電話をかけてみよう!というテーマにしました。留学したらおそらくアルバイトをすることになります。授業に来た学生の大半はコンビニでアルバイトするつもりでいろんな不安を感じているようでした。まずはその前段階、バイトを探すための電話! 電話しなければ面接も始まりません。必要不可欠ですから、気合入れて教えてきました。

 どうやってバイトを探すかですが、これは中国とあまり変わりありません。インターネットで探したり、アプリもありますね。また友達の紹介や店の張り紙も。唯一異なる点はコンビニなどに置いてる求人情報誌です。これはその地域に特化した情報が載っているうえに無料ですから利用しない手はありません。

 バイトの場面でよく使う単語も教えておきましょう。
 ・時給
 ・シフト
 ・週休
 等々…

 さて、電話をかけて相手が出たらまず何を言うべきか。ここは多少差はあるにしても定型文ですから丸暗記してもらいます。
 例えば「突然の電話失礼しました。私は〇〇と言います。本を見て電話しました。アルバイトはまだ募集していますか?」みたいにできるだけ低姿勢の日本語が好ましいと思います。

 それに対して「募集してますよ」と言われれば、次は面接の話になるでしょう。要件を伝えなければいけません。
 ・自分の名前、電話番号、面接の日程、場所…
 ここでシフトに関してや仕事の内容に関して質問してもいいですね。また、外国人でも問題ありませんか?とあらかじめ伝えておくのは案外大切なことだと思います。

 次は確認。
 「もう一度確認したいんですが、よろしいですか?」のような一文を挟んで、面接の日程、場所、履歴書、あるいは店長さんの名前、電話番号等を確認します。間違わないためにも重要ですね。

 最後、電話を切る時はどのように言うか。
 「分かりました。では何月何日何時にどこどこに行きます。ありがとうございました。失礼します。」のような言い方ですね。

 この後実践練習してみました。私が架空のコンビニ店長になりきって学生からの電話に対応します。学生の目標は今日教えた電話口の日本語を駆使して面接の予定を取り付けること。私は架空の名前、架空の電話番号、架空の日程、架空の場所をあらかじめ準備しておき、学生達の声が届かない教室の外へ出ました。教室ではみんなに聞こえるようスピーカーに切り替えます。

 結論から言うと、実際に電話してくれた学生はまあまあ良かったと思います。分からない時、聞き取れないとき「すいません。もう一度お願いします。」と言えました。これは実践的に重要なことです。
 いくつか良くなかったところを挙げれば、店長さんの名前を聞き取れなかったこと。名前が分からないと何かと不便だし失礼にもなりますね。そして最後電話を切る時、私が言った「失礼します。」に対して無言でした。これには同様に「失礼します。」で答えたほうがいい気がします。

 一度模擬練習をしたことで、重要な点がより明確に分かってくれたかなと思います。
 私にとっても有意義な授業となりました。

私の教案!

 今回はスーパーやコンビニでの買い物の仕方を教えました! 場面によっては様々な日本語に触れる機会があるので、そういった日本語をあらかじめ勉強しておき、難なく買い物できるように教案を考えたつもりです。自炊するにも惣菜を買うにもとにかくスーパーに行かなければいけません。食の心配は日本へ行く前にちゃんと取り払っておきたいですね。

 スーパーもコンビニも基本的には同じ方法だし、中国となんら変わりはありません。問題なのは、レジの人が何を言うかです。教えたポイントはこちら。

 ・コンビニでは「温めますか?」「箸はお付けしますか?」等、商品によって質問されることが違う。
 ・スーパーではレジ袋が必要かどうか聞かれたりする。
 ・ポイントカードの有無を聞かれる。

 書き出すとあんまりないですね。でも内容のボリュームは1時間くらいありました。日本へ行ってコンビニでアルバイトをするかもしれない人は、店員さんが言う言葉を全部覚えなければいけません。ですから入店から帰るまで、店員さんが言うであろう全ての言葉を順を追って教えました。

 特に金額が難しかったようです。仮に「合計〇〇円になります。」が聞き取れなかったとしても、レジには金額が書かれていて払うべきお金が分かるんですが、自分が店員さんになった時に正確に言えなければいけません。そのあたりの重要性も理解してくれました。

 以上、こんな感じです。
 次は来週水曜日。内容はどうしようかな。

私の教案!

 もうすぐ日本へ行く学生のための授業、第2回目がさっきありました。今回のテーマは「ゴミ出し」。中国のこの地域では一般的に分別はしませんが、日本では分別は絶対な上にゴミを出す時間まで決まっていて、あらかじめ教えなければ地域の人に怒られたりするかもしれません。そのあたりのマナーをあらかじめ勉強しておこうと思い、今回このテーマとしました。

 まず、東京都のとある区のごみ収集カレンダーを印刷して配布。それを見て授業を進めていきます。教えるポイントは以下。

 ・ゴミはだいたい燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミの4種類に分けられる。
 ・ゴミの種類によって、ゴミを出す曜日が違う。
 ・ゴミを出す時間にも注意。回収が8時頃なので、それより前に出さないといけない。
 ・ゴミを入れる袋はその地区指定のものを使う。適当な袋に詰めて捨ててはいけない。
 ・エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの家電はリサイクル業者へ。

 いくつかの物の写真を見せて、どの種類のゴミに分類するかクイズしてみたんですが、正解率は5割くらいだったかなと思います。意識したことのない作業ですから難しいのかもしれません。しかしこの辺りに関してはその地域で配布されたカレンダーを見れば分かることなので覚える必要はないと思います。

 ゴミ袋はその地区指定のものを使う必要があります。この袋はその地区のスーパーやコンビニに置いていますから、それを買って捨てます。このあたりまで来ると、めんどくさそうな顔をする人もいれば、関心している感じの顔をする人もいましたね。実際私は一人暮らしの時めんどくさかったんですが、やらないと回収してくれませんからね…。ゴミ屋敷にならないよう、慣れていけばいいと思います。

 分からなければ友達にでも聞けばいいですし、しかも今は外国人向けの英語や中国語に対応したゴミ出し支援アプリもあるそうですよ! 自分で教案を考えていて、この行政の外国人への生活支援にはちょっと感動させられました。もっと便利になるといいですよね。

 以上2回目の生活ガイドでした。次回は日曜日。教案考えます!