日本語教師のお仕事

 3月14日はホワイトデー。ちょうどこの日に授業があることを見越していたので、予め日本で学生にあげるチョコレートを買っておき、昨日授業内でプレゼントしました。アルフォートとキットカット。どちらも白いチョコレートではないんですが、喜んでくれてました! 

 中国では普通ホワイトデーは何もしないようです。日本もこの日はバレンタインデーに比べて盛り上がりに欠けますが、日本の文化を体験してもらうために企画した今回のサプライズです。

 嬉しいことにQQ好友动态上の学生が発信したメッセージには、チョコレートに関する内容がたくさん見られ、私もあげて良かったと思いました。
 「33」というのは主に日本語専門の学生の間かつネット上で使われている言葉のようで、意味は「先生」です。お互い発音が似ているのと、簡単に入力できる点で好き好んで使われるみたいですね。

日本語教師のお仕事

 昨日は日曜日でしたが、夜6時半から8時半まで授業がありました。大学の授業ではなく、別の日本語教室での授業です。今学期も引き続きこちらの教室で教鞭を執る事になりました。昨晩は初級会話の授業ということもあり、初めて会った5名の学習者の会話能力はまだまだ。逆にこうでなければ遣り甲斐が無いと思うようになったのは、私が少しずつ授業に自信を持てている証拠かもしれません。
 参加者は下は16歳高校生、上は27歳会社員と幅広く、一名すでに日系企業で働いているとのこと。仕事で使う機会があるから、アニメに興味があるから、趣味でなどと、学習の理由は様々。でもやっぱりアニメが好きという人はどこに行っても必ず居ますね。

 先学期は会話の授業でありながら自分が話している時間が比較的多く、もっと発話を促進すべきだと十分反省。今学期から大きく方針を変え、学生に話させる工夫を授業内に散りばめています。その結果、逆に時間を余裕をもって繋げられるようになり、安定感が増してきました。

 私の自己紹介に始まり、みんなの自己紹介、その後は雑談をはさみながら文法を使って例文を作らせて… 現状としては満足、理想的な授業構成です。以前は授業の準備に多くの時間を費やしていたのですが、この手法なら最低限で済みます。実際準備してもその通りにはいかないし、その場の空気で脱線することは多々ありますからね。

 来週以降も授業はあります。今学期あと3カ月、初級の方々の成長が楽しみです。

日本語教師のお仕事

 今日は初めての日本経済の授業でした。当然日本語で授業をするわけですが、専門用語がごろごろあるため中々困難だなあと感じる部分は多々ありました。それでも3年生の能力のおかげで何とかなりましたね!

 色々構成を考えた結果、教科書は日本の本ですから学生が買えないことを考慮して、重要な部分を印刷、配布する形式としました。まずは直近の日本のニュースを映像で見せて、今日本はどのような状況なのかを教えます。今日は偶然にも3月11日ということもあり、youtubeで拾ったニュースは東日本大震災関係が多く、当時の話に学生は興味を持ってくれていました。被災地の産業空洞化、人口減少等、軽い話から入って、難しくなり過ぎずにうまく運営できたかなと思います。

 第一回はまず日本の戦後70年の経済史をざっくり学びました。来週からは個別事案について深く切り込んでいきます。日本にばかり焦点を当てないで、たまに中国の状況についても聞いてあげるのが一つのポイント。どうすれば学生の意識をこっちに向けることができるのか、授業のコツ自体も次第に掴めて来ています! やはりどんな授業でも、学生に話させる工夫があると活気付いてきますからね。

 今学期、まず一週間が終わりました。来週からは私の新しい計画が次々始まる予定ですので、もっと忙しくなりそうです。6月末まで3か月半、体調に気を付けて頑張ります。